タグ:音楽 ( 7 ) タグの人気記事

『Heal the World』 のこと。

先月24日(水)の夕方、とあるラジオ局の番組に電話出演(収録)した。
このトークでは、どうして自分が英語に興味を持つようになったか、とか、
国際交流に関わる中で感じていること、未来に向けての夢なんかを話すことが目的だった。

「約10分間のトークの最後に、思い出話を添えて1曲リクエストを」と事前に言われていたので、
いろんな場面で私を支えてきてくれた洋楽の中からを選ぶことにした。
e0147092_0455085.jpg

そこで頭に浮かんだのが、この2曲。
マイケル・ジャクソンの『Heal the World - Make it a better Place -』 
ダイアナ・ロスの『If We Hold On Together』

どちらもとても思い出深い曲なので・・・直前までどっちにしようか迷っていた。
結局私がこの日選んだのは、ダイアナ・ロスの曲。
この曲についての思い出話は、先月上旬にもここに書いた

まさか・・・この1日半後に、マイケルが亡くなるなんて思ってもみなかった。
あれから2週間が過ぎたけれど、連日のTV番組も新聞記事も、私はほとんど目にしていない。
特別、彼のファンだったわけじゃない。 けれど、なんとなく・・見る気が全く起きなかった。


今日になってようやく、どうしてもこの思い出の曲を聴きたい気持ちが沸き起こり・・
YouTubeで、この曲にじっくりと耳を傾けた。



Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race

There are people dying
If you care enough
For the living
Make a better place
For you and for me



世界を癒そう、だなんて・・・今改めて聴いてみてもすごい歌詞だと思う。
この曲が世に誕生して、早18年。
これからもずっと、歌い継がれていく曲だと思う。

最近は、やたらと癒しブームだけれど・・・世界を癒そう、だなんて・・
自分を癒すことに一生懸命なこととは、次元が全く違う。


この曲が世界各国で賞賛された頃、私は高校生だった。
当時、海外青年協力隊に憧れていた私は、この歌詞に深い感銘を受けた。
今夜あらためて、この歌詞の意味をかみ締めているところ。
e0147092_038258.jpg

ラジオ収録のオンエアは、今月下旬の予定。
ここでもしマイケルの曲が流れたら・・・
亡くなる前にリクエストしていたものが、今となっては追悼の一曲になってしまったということか・・・。

なんとなく・・・自分の中では
『If We Hold on Together』を選んでおいて、良かったような気がしている。
だって、だってこの曲は・・いろんな場面で私を励ましてくれた曲なのであって・・・

追悼として、聴きたいわけじゃないから。
[PR]
by mizzypon | 2009-07-09 23:20

雨の日に口ずさみたくなる歌

『RAINDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEAD』 ~雨に濡れても~



Raindrops keep falling on my head
but that doesn't mean my eyes will soon be turning red.
Crying's not for me 'cause I'm never gonna stop the rain by complaining.
Because I'm free, nothing's worrying me


雨が あたしの頭に降り続けてる
だからって それで あたしの目が赤くなってしまうわけじゃない
泣くのは あたし好みじゃないの だって いくらグチをこぼしたって 雨を止めることはできないのよ
あたしは 自由なんだもの 心配事なんて なにもないわ



原曲は男性の歌声だけど、ちょっと乙女なことばで訳してみました(笑)。
九州北部は、かなりの豪雨に見舞われています。。
私が住んでいるところも、昨夜は強い雨がひたすら振り続け・・・
窓ガラスをたたきつける雨音と、時おり吹く突風がすごくて・・・ほとんど眠れませんでした。

そして今日も、大雨洪水警報が出ています・・・。
恵みの雨も、こういっぺんに降られると・・・ 怖いですね。
♪心配事なんて なにもないわ~♪ と歌っていたいところだけど・・・ やっぱり心配です。
e0147092_9463791.jpg


土砂災害などで 人の命が奪われないことを願っています。
[PR]
by mizzypon | 2009-07-01 09:40

 ―ゴスLIVE、吉野ヶ里、レトロ館― いい週末でした(^-^)♪

The Gospellers LIVE @佐賀市文化会館。 どれだけニヤけちゃったんでしょうアタシ。
トキメキ度、高すぎましたー!!今回は4人で行きまして・・・誰もが100%満喫した模様デス☆☆☆

5人のハーモニーの美しさはもちろん、ゴスペラーズって、実はトークがかなりおもしろいのです。
しっかり笑わせて、これでもかってぐらい盛り上げてくれたかと思うと・・・
しっとりとしたバラードで泣かせてくれます。
かと思うと、ノリのよさ抜群の曲で一気にまたヒートアップ! もう、最高です。

この夜のLIVEは3時間。 あっという間の3時間でしたー。
公演後に、珍しくセットリストが公開されたので携帯でパチリ。
e0147092_1155819.jpg
ゴスLIVEの楽しみの一つは「なりきりゴスペラーズ」♪。
お客さんみんなが、ブロックごとにハモリを担当して、会場全体でハーモニーを奏でます。
この日の曲は「For The Longest Time」♪♪ すんごく楽しかったー!! 
ちなみに私のブロックは主旋律担当だったので楽ちんでした(笑)。


今回のツアーはゴス15周年記念。佐賀公演は「春夏」のひとつ。
今年度は、この後に「秋冬」が控えています。
「秋冬」LIVEもすごく楽しみだーーーー♪♪♪ ←すでに、行く気満々です(笑)。

さて。 夫のお許しがでたので、この夜は大学時代の友人とお泊りをしました♪
寮生活で寝食をともにした友人との、久しぶりのくつろぎ時間です。 
こういうのって何年を経ても楽しい! 初めてのゴスLIVEに誘ってくれたのも、彼女です。
ゴストークに、思い出話に・・・深夜1時までもりあがっちゃいました(笑)。

翌日の日曜日には、友人のリクエストで吉野ヶ里歴史公園に行きました。
湿度が高くて・・・汗をダラダラかきながら、沢山歩きましたよー。
e0147092_1162576.jpg
歴史に詳しい彼女は、目の付け所も「さすが!」。 隣にいるだけで、学べる範囲もグンと広がります。
現地観光ガイドのおじちゃん・・女性2人がガンガンと質問をぶつけてきたからか・・・
なんだか、とっても嬉しそうでした(笑)。 もちろん、いろんなお勉強ができました☆

ランチは、佐賀市城内にある『佐賀レトロ館』へ。
日曜のランチタイム。 かなり賑わっていました。
友達との時間は、話が尽きることなく・・・。お腹も心も満喫の2日間でした♪
e0147092_1164770.jpg


佐賀レトロ館の周辺には、たくさんのクスノキが栄えています。
「佐賀」という地名の由来になった「クスの木が栄え」ている風景。 いいですねー。
窓の外に見えるクスノキ。 混んでいない時には、この席でボーッと外を眺めていたいなぁ。。
e0147092_11295475.jpg

ちなみに、この佐賀レトロ館。 駐車場の周辺にも、これからクスノキを植えられるそうです。
クールビズっていうのかな。この一角も、ちょっと涼める場所になる予定です。
 クスノキって一気に落葉するから、掃除は大変なんだけどねー(汗)。
」とは、店長さんのお話。
2Fのレストランの店長さんは、高校の同級生です。同じクラスになったことはありませんでしたが、
地元佐賀のために頑張っている同世代の人の姿は、自分にとっても大きな励みになりますネ。


私も、一つずつ、一歩ずつ。
自分の歩幅を大切にしながら、これからもちょっとずつ前に進んでいきたいと思います。
キャッチコピーは毎日5ミリ成長!のみずぽんです♪・・・笑。


 武雄よかとこブログ、新記事アップしました。
 武雄三樹物語、新記事アップしました。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-29 11:46

The Gospellers !!

'06-'07のセルゲイ以来、2度目のゴスです。



あー、興奮が蘇るぞーおぉ。 今夜もみんなと一緒にひとつになるぞー♪



・・・でも、着ていく服が決まりません(汗)。
・・・・・ってか・・・迷うほど、持ってません(涙)。

服はイマイチだけど、ピカイチの笑顔で満喫してきまーす。
久しぶりに県外の友達とも会えるし、とっても楽しみーっ。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-27 11:53

『STUDIO INPUT』のこと。

道すがら、STUDIO INPUTに立ち寄った。
ご挨拶したのは昨夜が初めて。

なんかね。 うまく書けんとやけども・・・ジーンてきたとよ。
なしてかな。 今も文字を打っとるだけで・・・ジーンときとるとよね。。
(山光さん、ゆきえさん。アポなしでおじゃましたのに快く迎えてくださって多謝!)

e0147092_1058629.jpg「佐賀を探そう」な片田舎で、
よか音楽が生で聴けるってのは。 
がばいシアワセかことよね。 

しかも、「ライブ」って響きは
私の中では結構「若者」やったのに。 

INPUTのライブには白髪父ちゃんや
親戚のオッチャンも連れて行けた。 

おかあちゃんも楽しんだ



・・・ニッポンの音楽シーンをガッツリじっくり見てきた世代やもんなぁ・・・。
私を音楽好きに育ててくれたオールディーズや、ビートルズをリアルタイムに知ってる人達。
この世代が楽しめるってのは、この場所にそれだけのヒストリーみたいな空気があって・・
「ふるさと武雄・佐賀の宝もの」ってことなんだろうな。

素人の自分には音の質だとか、機材の良し悪しとかは全く分からんのだけども・・・
いちファンとしてこれからも地元の音楽シーンを応援していくぞっ!とココロに誓った夜やった。

母校体育館でのAMADORIライブだとか。
宇宙科学館の大階段での、ほたるまつりコンサートだとか。

地元のいろんなシーンでINPUTスタッフさんのお姿をお見かけするたびに・・
ステージに立つ人間が輝けるのは、縁の下の力持ちの存在あるからこそなんだ・・って、
これまた こっそりと・・・ いつもココロがジーンて、するっちゃん。

うちが北村尚志さんばお慕いする理由には、
青空に伸びるような歌声と、あのたまらん笑顔はもちろん、
そういう周囲の人たちへの感謝をいつも持っておられるけん、ってのも大きな理由。
e0147092_110979.jpg
そいけん、昨夜はその縁の下の力持ちさんであるお方と直接お話ができたことに
とっても、 とっても じーん ときたのだな。


いつも感謝の気持ちを胸に生きている人ってのは、やっぱり素敵だ。
そんな人の周りに集まってる人ってのも、やっぱり素敵だ。

ライブの魅力。 人が顔を合わせて集まることの魅力。
その場所の空気とか、湿度とか、人の息づかいとか、喜び合う掌の体温とか。
やっぱりその場所に集うからこそ味わえる感動ってのは・・・
インターネットとか、どんなものがどれほど発展した未来でも、きっと変わらないだろうね。


【おしらせ】

2009年6月27日(土) ・・今週の土曜日です(^-^)
松本かつひろ アコースティックコンサート @ STUDIO INPUT
e0147092_9131310.jpg

open18:00/start19:00 1,500円 ※要1DRINKオーダー(500円)

松本かつひろさん。 聴き応えアリ!ですゾ。
お近くの方も、そうでない方も。ご近所おさそい合わせのうえ、
今週土曜の夜は是非STUDIO INPUTへ。 
ライブの詳細&チケットのお求めはこちら


余談だけれど松本かつひろさんは
アカペラグループmo'better(モアベター)の元メンバー。
mo'betterのライブにも、20代後半にいろんな友達を誘って結構通った。

ちょうどThe Gospellersが「永遠に」「ひとり」で大きな注目を集めてた頃だったな。
こんな片田舎の佐賀でアカペラやってるグループがいるって知って、感動したっちゃんね。
そんでライブに行ってみたら、これが結構うまくって!
佐賀市内とか、久留米市内とか。 あっちこっちに聴きにいったぞよ。
いつぞやは波戸岬でのライブにも。 潮風が強くてマイクが風音をひろいまくっとったけど(笑)。

・・・・とか宣伝させてもらいつつ、私は松本さんのライブには行けない(汗)。
この夜はThe Gospellersライブ@佐賀なのでありまする。
久しぶりに大分の友達とも再会できるとが、めっちゃ楽しみー。
今週末も、いろんな場所でいろんな音楽が鳴り響きますな。

「音楽」・・・「音」を「楽しむ」っちゃろか? 「楽しい」「音」なんやろか?
この言葉を最初に生み出した人って誰なんだろうね。

耳で楽しむ「音」。肌で楽しむ「音」。脳裏で楽しむ「音」。ココロで楽しむ「音」。
 きっと、いろんな「音」があるよね。 

「音楽」・・・いい言葉をアリガトウ。 


今日のリンク:STUDIO INPUT   北村尚志   松本かつひろ
[PR]
by mizzypon | 2009-06-24 11:48

ラジオ

私とラジオとの付き合いは、二十数年になる。

初めてラジオ番組にハガキを送ったのは、中学3年生の時だった。
今みたいにFAXやメールでリクエストを送るなんて時代じゃなかったんだよね。

何のために勉強するのか、大人になるって何なのかわからくて悶々としていた。
そういう内容を、パーソナリティーに向けて書いたような記憶がある。
そして、その葉書に対してラジオから流れてきたのが
ダイアナ・ロスのIf We Hold On Together
ハガキを読んでもらえたことも凄く嬉しかったし、曲まで流してもらって本当に感動した。
あれ以来 ふとした時に思い出す、私の応援歌になっている。


・・・と、ずっと思い込んでいたのだけど・・・(笑) 
検索しながらちょっと遡ってみたら・・・この曲が入ってるアルバムが世に出たのは・・・1991年?
この年には私はもう中学生ではなかったから・・・人間の記憶って曖昧だなぁ・・(笑)。

もしくはこの時のパーソナリティーがよっぽど洋楽に精通していて、
現地で知られつつあった曲を「英語が好きだ」という田舎の中学生に向けて流してくれたか。

時期はともあれ、ラジオから流れてきたこのメロディは、
メジャーだったとかどうだとかに関係なく、私の大切な曲のひとつ。
人にはそれぞれきっと、そういう思い出の曲があるんだと思う。

【 Diana Ross “If We Hold On Together” 】


私が十代前半だった頃はカセットテープが主流で、ラジオから流れる曲を集めるのが好きだった。
といってもお小遣いで買えるわけじゃなく、エアチェックでひたすら曲集めしてたなぁ。。
吟味する時間を与えないかのごとく 物凄いスピードで流行曲が量産される今とは違って
一曲一曲が大切に生み出され、聴く側もじっくりと、じっくりと、好きな曲を聴きこめていたように思う。

もちろん、今この時に流れている曲の数々が生み出される過程も素晴らしいのだろうけれど・・・
いったい、どれだけの曲が後世に残っていくんだろう・・・と、ふと思うことがある。。
「この曲はテープが擦り切れるぐらいに毎日まいにち聴いてるんだよ」なんて表現ももはやなくなった。
三十代半ばの私ですら、こういうことを感じるのだから・・・
年輩の方々は、今の業界のありかたには更にそういう気持ちを感じておられるかもしれない。


◆大学生の頃はテレビのない生活を送っていて、ラジオを聴くことが当たり前の毎日だった。
  4回生の冬には、ある事情でついにテレビを買ってしまったけれど・・・。
◆二十代の半ばに体調を崩して自宅から出られなかった時には、ラジオが一番の友達だった。
  そして、とあるラジオ番組を通して大切な友達を得た。
◆パーソナリティーの声を通して、見えない相手と励ましあったり。
  相手への応援だ、とリクエストした曲が、実は自分自身を励ましていたり。

ラジオで聴く音楽。
私にとって、とっても大切なもの。

そして、いい曲は。自分にとって大切な曲は。いくつになってもやっぱりいいものだなぁと思う。
懐かしさに浸ることができるっていうだけではなく、年齢を重ねてまた新たに感じるものもあって。


この人の曲も、十代の頃に、それこそカセットテープが擦り切れるぐらい聴いた。
【 RCサクセション 「トランジスタラジオ」 】

・・・というか、実際にテープが擦り切れて、私の手元には二代目のRCテープが残っていたりする。
いつも「マジメだよねー」って呼ばれる自分をちょっと脱することができる気がして、RCを聴くのが大好きだった(笑)。

この思い出を書きながら、もうひとつ思い出した。
16歳だったか、17歳だったかの頃。 父の使えなくなったトランジスタラジオを分解して、
色んな部品を使って、コラージュ作品を作ったんだった。。
あの作品、もう実家にも残ってないないだろうなぁ。。

そう。 だから、あの古いラジオはもう分解しちゃったわけだけれど。
そして私がずっとお世話になっていた、カセット付の「ラジカセ」の姿も、家にはもうないけれど。

ラジオと、音楽。 
いつも、とっても、大切なもの。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-04 09:47

全国マーチングコンテストに向けて

11月9日の夜、大和中学校と佐賀学園高校のマーチングを観に(聴きに)行ってきました。
千葉の幕張メッセで行われる「第21回全日本マーチングコンテスト」に
九州代表として出場します


マーチング。TVでは観た事がありましたが、目の前での鑑賞はこれが初めて。
会場には保護者の方々や学校の生徒たち、市民県民の方々・・・。
かなりの観客数が入っていて、準備されていた配布物が足りないほどでした(笑)。
ものすごい期待を背に、生徒の皆さんは今日も練習に励んでおられるのでしょうね~。


さて、本題のマーチングですが・・・ 

素晴らしい!!


この一言に尽きました! かっこいいんです、かっこよすぎるんです!
私のいとこの子も参加しているので、この成長ぶりには涙が滲んでしまいました。
(いとこも、我が子の成長に終始、涙目で・・・。そりゃ、そうじゃろー。)

プロの目(指導者の目)から見れば、まだまだ手直しが必要らしいのですが、
素人の私には、圧巻の1時間! すごい、すごい、すごーーーーいぃ!!

マーチングって、なんて凄いんでしょう。
だって、ですよ?

*楽器を演奏しながら
*しかも、団体で演奏をしながら
*歩きながら
*しかも、列を揃えながら

これらすべてを、同時にこなすんですよ? ものすごい器用さではっ???

人それぞれに得意なこと、不得意なことがありますが・・・
この分野は、私には到底無理な世界。何もない所でも平気でつまづく私です(苦笑)。
歩きながらジュース飲んでる人にさえ、「すごーぃ」と思ってしまうというのに・・・
楽器を持って歩けだなんて! だからこそ、尊敬の気持ちいっぱいでいっぱい。


(動画は佐賀学園の模様の一部。できることなら全編をアップしたかったくらい・・)

スポーツにしても、芸術にしても。
わずか数分だったり、わずか1枚のために
日ごろの努力の積み重ねがものを言うのですね。

本来、体育館は主に運動部が使用する場所なので
このマーチングの練習には、場所の確保がなかなか大変なのだそうです。
それに繊細な楽器を扱うため、練習中も移動にも、細やかな神経が必要だ、と。
生徒さんお一人おひとりの努力、指導の先生方のご尽力はもちろん、
それを見守っておられるご家族や周囲の方々の支えも不可欠のはず。
多くの想いが一つになって、コンテスト当日には大きく華ひらきますように・・・。


さすがに幕張メッセ(千葉)までは応援に行けないけれど、
23日は関東のほうを向いてエールを送るつもりです♪♪♪


[PR]
by mizzypon | 2008-11-14 08:30