タグ:命 ( 46 ) タグの人気記事

ぐんぐん、ぐんぐん。

初めての年には「野菜を育ててます」なんて言ってたけれど・・・
3年目の今年は「野菜が育ってます」って感じです。(笑)

ぐんぐんぐんぐん。 ぐんぐん。  生命力を日々、感じています。

5月24日
e0147092_846336.jpg

5月29日
e0147092_8461315.jpg

6月2日
e0147092_8462990.jpg


畑のある生活に憧れる日々です。 でも畑がなくても大丈夫。
青じそや小ねぎ、パセリ等の薬味ぐらいなら、ベランダで地産地消できます(笑)
ちょっぴり食欲が落ちたりする、梅雨の季節・・・
青々と茂っている青じそと、梅肉はこの時期に嬉しい組み合わせです(^-^)♪

プランターの枝豆も、ぐんぐん。  ご近所の子供たちに人気です。 
苗の頃には「これ、何ね?」だったのが・・・最近では「ほらほら~、見て、ここっ!」 
こどもの発見、早っ! 観察日記の声が聞こえます。 いっぱい見つめられて、枝豆クンも嬉しそう?(笑)

こういう体験の後なら、苦手な野菜も食べてくれるから不思議ですね。 人参も、ピーマンも。


植物、動物、そして自然・・・。 大人にとっても同じことかもしれません。
土に触れ、植物に触れ、生き物に触れること。 大切なことじゃないかな。

中学生だった頃、自分の学校には茶園がありました。1学期のクラスマッチは「茶摘み」でした。
新芽を丁寧に摘む、そしてできるだけ早く摘む。 いい体験でした。
今でもお茶を入れると、時々あの情景が目に浮かびます。生産者の方への感謝が芽生えます。

e0147092_9593533.jpg小学校には、学級菜園を持つところが結構あるようです。昔は、ひと並びに同じ植物を育てていましたが、最近では「子供が植えたい野菜を植える」姿勢も。もちろんその野菜の生育についても自分たちで調べます。 本で調べたり、家族に聞いたり。

だけど、家族の大人や学校の先生が何でも知っているわけではありません。子供に聞かれて「はて、どう育つんだ??」と、慌てて図書館に走るなんてことも。

それも、いいんじゃないかな。 子供の興味・関心がきっかけで、大人にも興味・関心が芽生えるってこと。沢山ありますね。いま話題の「食育」に関してもそうです。子供が学んできた事に、親が目からうろこってことだって沢山あるでしょう。



子供の成長、ぐんぐん、ぐんぐん。  植物の成長、ぐんぐん、ぐんぐん。 

大人も負けてちゃいられないぞー。


そういえば、かつて訪れたニュージーランドで聞いたお話。
ある地域で学校がひどく荒れた頃、地域ぐるみで花いっぱい運動に取り組んだそうです。
地道な活動を続けていくうちに、子供たちの表情がとても穏やかに変わっていったとか。 

その活動に関わっていた方のご自宅に、こんな言葉が飾られていました。

A house is made of bricks and stones.
A home is made of love alone.  ~家はレンガや石でできている 家庭は愛に満ちている~

[PR]
by Mizzypon | 2008-06-04 10:25

三千年

川古の大楠とかけて、安産祈願ととく。

     そのこころは?
e0147092_7341544.jpg

      「樹齢(受齢)、三千年(産前・念)です。」



ちりとてちんブーム冷めやらず、相変わらずこんなことばかり考えてしまっている私です(笑)。


お友達の出産が近づいてきました。しばらく会っていませんが、そろそろ産休入りの頃でしょう。
落ち着いたら会いにいきたいなぁと思っています。(これを読んでくれている、そう、貴女のことよ♪)

さて・・写真の大樹ですが、武雄市若木町にある樹齢三千年の楠木(くすのき)です。
見に行く、というより、会いに行くという感覚で、時々足を運んでいます。

三千年という長い年月を生き抜いてきた、この大楠。
お友達への安産祈願として、大楠の写真とともに、あるお話を綴ります。
(記憶を頼りに記しますので、正しいお説法を覚えておられる方、間違いがあったらごめんなさい。)




               ○○○○○○○○○○


    「奇跡的な命」

今、あなたがこの世に生きているために、多くのご先祖さまが命を紡いでくださいました。

ご先祖さまの数を数えてみましょう。
自分を一代目、親を二代目と数えて、三十代目まで遡ってみましょう。

親の代は二人ですね。三代目は四人、四代目は八人と増えていきます。
十代目では五百十二人、二十代前になると五十万人を超えてしまいます。
三十代遡ると五億三千六百万人を超える計算になります。

親の代から合計すると、なんと十億七千万人を超える方々が
あなたに命を繋いでくださったことになります。

その十億七千万人の中のたった一人でも、この世に生を受けておられなければ、
あなたの命はここにはありません。

今日こうして生きることができているのは、奇跡的な幸運のお蔭です。
命の一つひとつがいかに奇跡的な命であるか、貴重な命であるか。


               ○○○○○○○○○○



川古の大楠は、多くの人々の生き様を眺めてきた、語らぬ語り部のような存在ですね。
紡がれた命のお話を聞くと、子供に恵まれるということも奇跡的な出会いであると感じます。

この文章を書いている、この瞬間にも
日本のどこかで、そして世界のどこかで新しい命がこの世に誕生していることでしょう。


新しい命の一つひとつが、喜びに満ちた人生を歩んでくださいますように。。



        
[PR]
by Mizzypon | 2008-04-08 07:50

・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・


久しぶりに、風邪をひいてしまったようだ。
                     
喉、 鼻、 肺、 声、 体温・・・。
普段はさほど気にせずに生活しているけれど・・・
いつも、元気に働いてくれていたのよね。  ありがとう。

落語を聞いていたら
「体内に労働監督署があったら、まず一番に『心臓』が声をあげるでしょう(笑)」と。

寝ている時間も、起きている時間も。
ずっとずっと。 生涯ずっと、働き者。

                       ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

見えることばかりに、 見える人ばかりに感謝をしがちな日々だけど・・
見えないところ。 その励みにも、感謝の気持ちを忘れずに暮らしていきたいな。
e0147092_6563671.jpg


自ら日夜がんばってくれている、わたしの「心臓」。
古くは、「心」をつかさどるのはこの「心臓」だとされていたそうだ。

           ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

心  必  

 志  思  念  忘  想  愚  意  悪  恋  慕  怨  感  悲  態  患  怠  

  情  忙  愉  憧  慢  悟  慎  性  惨  快  怖  悼  惚 

                                      ・・・・・ まだまだ続く、まだまだ。

いま、「心」をつかさどるのは自分自身。 
医学的にはきっと「脳」だというべき? 素人は下手に述べるまい(苦笑)

自分自身(脳)がつかさどるからこそ、一番扱いづらくて・・でも自分次第ってところね。

                                        ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

 辞書を片手に、朝っぱらからこんなことを楽しんでいる私の中で・・

   ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

「心臓」さんは、あいも変わらず働いてくれているのだなぁ。 


         ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・


                              ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・


喜怒哀楽、HEART。  知性・理性、MIND。 魂、SOUL。  気力・精神、SPIRIT。


      ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

                          ・・ドクン・・ドクン・・ドクン・・・
[PR]
by Mizzypon | 2008-04-02 08:22

百貝、百模様。


   いただきます。


e0147092_003864.jpg

                                 (写真上でクリックしてくださると、拡大できます。)

   ごちそうさまでした。 

   明日の朝は、出汁巻き卵ね♪
[PR]
by Mizzypon | 2008-03-17 00:06

生きている、ということ。


死と向かい合っている人が

「がんばります」と、言った。



いや・・自分だって誰だってこの世に生を受けたその日から、死に向かっているのだ。

だけど・・・。



その人の本当の強さを知るのは、死に直面した時なのだと知った。


e0147092_22384061.jpg


ふと、ほおづえをつく。

首の付け根に、脈の鼓動を感じる。

ドクン、ドクン、ドクン。 誰から教えられるでもなく、ドクン、ドクン、ドクン。

e0147092_2354432.jpg




あたりまえって、あたりまえじゃない。

あたりまえじゃないけど、あたりまえ。


だけどやっぱり、あたりまえじゃないんだ。




生きている、ということ。
[PR]
by Mizzypon | 2008-03-16 23:41

『縁』

生まれてから今日まで、
いろんなご縁にありがとう。

ここに生まれてくるための、
ご先祖様のご縁にありがとう。

人は支え、支えられ生きている。
今日から歩む、未来への道。
感謝の心で、日々是精進。
[PR]
by Mizzypon | 2008-03-01 09:02