タグ:命 ( 46 ) タグの人気記事

『傾聴 & 防災』 寺子屋

4/2(土)に行われた、チャリティーフリマ&まちあるき。
わたしもフリマのほうに参加させていただきました。

フリマに出した物品は、自分の持ち物のほか、友人たちから提供してもらったもの。
「被災者支援として、売上を寄付に充てさせてもらうから」という声掛けに、
何人もの友人が物品を無償提供してくれました。 とても、ありがたかったです。

e0147092_1624422.jpg


売上の一部は、主催窓口であるONE LOVE TAKEOへ。
そして残りは全額、被災地NGO協働センターへ。

当日、会場にてお客さまと交わした言葉の数々も。
チャリティースタッフとして集った人たちと交わした、言葉の数々も。
つながってる。本当に、そう感じた一日でした。


 ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

今日で、震災から一か月となりました。

自分には、いったい何ができるんだろう・・。
そう・・いくら考えてみても、自分にできることのちっぽけさに、情けなくなります。
でも、そのちっぽけさも・・・集って、つながっていくことで、大きな支援の力になるはず。

今度の日曜日に、被災者のかたがたのココロに寄り添うすべを学びます。

e0147092_167866.jpg


痛みを、分かち合うこと。
心に、そっと寄り添うこと。
できることから、少しずつ。一つずつ。

そして、自分自身の備えについても、今この時にきちんと学んでおきたい。
そう思います。


4月17日(日) 14:00~17:00 北方公民館(武雄市北方町大崎2217)にて

14:00~15:00 『寄り添うってどんなこと? 傾聴、はじめの一歩』
15:15~17:00 『備えるって、どんなこと? あんしんの種』

今回の震災に関してだけではなく、
あなたの大切な人の心に寄り添うためにも・・・
心のケアが求められる、この時代に是非、聴いておきたい内容です。

申込み、現在も受付中です。
こちらのフォームからどうぞ。

e0147092_168981.jpg

[PR]
by mizzypon | 2011-04-11 16:31

お気に入り


e0147092_128458.jpg


e0147092_1222835.jpg


2010.5 高崎山にて撮影
[PR]
by mizzypon | 2010-05-17 12:09

きっと、タブーではない話。

夫は1人っ子。私も(亡妹は別として)1人。そして私たち夫婦には子供がいません。
私は第二次ベビーブーム世代だけれど...私たちと似たような境遇のご夫婦も、
少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

次世代誕生の望みを100パーセント捨てたわけじゃない。でも、
今は何よりも、ここにある日々の暮らしに感謝しています。
そして(気が早いって笑われるかもしれないけど)いずれ他人様にお世話になることを見通し、
今のうちから物質的にも身軽でシンプルな暮らしを目指しています。
(まぁ元々、物欲はあまりないんですけどね...笑)
e0147092_15154623.jpg

夫と、お互いの最期はどうありたいかって話を時々します。
夫も私も変にかしこまったりせず。後ろ向きな会話って意識も全くありません。
誰しも向かってゆく事だから、元気なうちにこそ話しておきたいと思っているんです。
そして最近は、親の気持ちについても、きちんと聞いておきたいと、強く思うようになりました。

一人が息たえた瞬間から、家族や親族はめまぐるしい慌ただしさに追われますね。
悲しみを心底で実感するのは、その慌ただしさがようやく落ち着く頃から。。
ここ数年、そんな慌ただしさや法要諸事の多さを何度も間近で見ていて...
自分の親の時には、私はどんな形で見送ることになるんだろうかと考えるようになりました。

けれどもこの類の話は、どちらかといえば避けたがる人が多いもの。私の親も、例に漏れず。
長寿への願いは娘として当然の事。これまで父が「死」に向かう話を避けたがる気持ちもよく分かりました。

けれど、いつなんどきどんな形で別れが来るやもしれません。
だからこそ、お別れの形ついての願いを聞いておけるならば、
娘として、こんなにありがたいことはないと思ったのです。
本人が望む形で最期を見送ることができるならば...
それが私に命をくれた親への、最後の親孝行になるはずだから、と。
e0147092_22581965.jpg

昨日、おじの一人とお別れをしました。
葬儀にて、生前におじがしたためていた手紙が読まれました。
数年前に書かれた、ご近所の方々へのお礼の手紙でした。

当たり前のような日々を、おじらしく1日1日淡々と大切に暮らす中で...
最期に向けて書かれた、感謝の手紙。どんな事を思いながらペンを握ったのかな。。
最期の最後まで、丁寧に人生を生き抜いたおじでした。

92歳、長寿でした。穏やかな寝顔にホッとしました。
90歳になるおばは、ずっと枕元で、おじに対する感謝の言葉をかけ続けていました。
私になんか想像できないほどの苦労を重ねた世代。
こういう別れの姿に立ち会えた私は、幸せだと思いました。

ここ2日、実家に二泊して久しぶりに、両親とゆっくり話しました。
自分たちの最期はどうありたいか、どんな形で見送られたいか。
ようやく父も、気持ちを語ってくれました。絶対に願いを叶えようと思いました。

自分の最期、身内の最期を考える。この話に、一緒に向き合えたこと。
とても、とてもありがたいことだと思いました。
[PR]
by Mizzypon | 2009-12-08 15:15

『あるもの生かし』

ないものねだりは止めて
『あるもの生かし』を考えよう。

              ~夢をかなえる今日の言葉(望月俊孝)より~


いつも絶好のタイミング。 
ありがたい、日めくりカレンダーです。

 
●わたくし事、
 心がささくれ立ってる時 = 何もかもに対して批判的な言葉ばかりが口から出てきます。 
●わたくし事、
 心がおだやかで幸せな時 = 小さなことにも「ありがとう」ばかりが口から出てきます。

この2つの方程式・・・順序を入れ替えてみたらどうなるのかな?
批判の言葉を少し減らしたら、心の肌荒れが少しは治るかな?
「ありがとう」を口癖にしたなら・・・気がつけば、心もおだやかな内海みたいになってゆくのかな?


いつも「ありがとう」って感じられる自分で居られたら、幸せでしょうね。
きっと、笑顔もまぁるく穏やかに。

そんなこと言ってたら、発散できなくて心の中にストレスが溜まるかな?
じゃあ・・・溜まるもっと手前に「ありがとう」って思えるなら、ストレスそのものが入ってこなくて済むかも??



自分を一番可愛がってあげられるのは、やっぱり自分なんだよねぇ。
[PR]
by mizzypon | 2009-11-30 10:08

「蝉時雨」「あなたの手紙」 (今月下旬までトップ掲示します)

【武雄市がん撲滅推進市民大会 「蝉時雨」】


【あなたの手紙 北村尚志 尾形風竿「蝉時雨」より 武雄市の風景】



風竿さんのブログ上に綴られた詩を読ませていただく度に、
ずっと・・・涙があふれ出て仕方がありませんでした。

ここ1年の間に4人のおじ・おばが、立て続けに天国に旅立ちました。
とても尊敬していた先輩方が亡くなられました。 自分の年齢にとても近い知人が、亡くなられました。
その中には、がんに侵されてこの世を去った人が複数います。

あの人たちのことばかりを思い出してしまって・・、
撲滅キャンペーンの波に、自分の身を乗せるエネルギーがなかなか・・・心に沸いてきませんでした。

e0147092_23551032.jpg

だけど、やっぱり思うんです。
「一人でも多くの人に、がんについて考える機会を持ってもらわなければ」と。

自分が身近な悲しみに悶々としている間にも、日本のどこかで宣告を受けた人がいるはずです。
「もっと早くに診てもらっていれば・・・」と、後悔を何度も何度も繰り返しておられる方も少なくないでしょう。
そして、まさにその後悔とともに旅立ってしまった人も。 
後悔の念に押しつぶされそうになりながら、悲しみの渦中にいらっしゃる遺族の方もおいででしょう。

そう思うと・・・
ここに、これら2つの動画を貼らせていただくことで、何人かでも、いや、たとえ一人でも。
「自分も検診に行ってみよう」と思ってくださる方がおいでならば・・・。
その検診で「早くに診てもらって良かったね」という結果につながるならば・・・。


ここにアップさせていただく以上は、自分も必ず検診を受けに行こうと思っています。
『早期発見・早期治療』と耳にするたび・・・どこかで自分とは関係のない事のように感じたりもしていました。
でも、誰にでも起こりうることですものね。。

訂正。 行こうと思っています→行きます。



がんの医療連携体制・医療機能別医療機関一覧表
:佐賀県HP内にリンク。PDFファイルに繋がります。
佐賀県内のエリア毎に、肺がん・胃がん・乳がん・大腸がん・子宮がんに分けて関連医療機関がまとめてあります。


99さがネット(佐賀県医療機関情報・緊急医療情報システム)
:こちらには、医療全般に渡って様々な情報が入っているので、とっさの時のためにブックマークをしておくと便利です。
 (エリア検索、受診内容検索、かかりつけ医一覧、使用言語による受診可能な医院の検索など)
[PR]
by mizzypon | 2009-11-25 23:59

いのちと食をめぐる会

e0147092_625454.jpg


たべつむぎさん

昨日は大変お世話になりました。

(ま)まさに昨夜は
(つ)つむぐ会、
(ぐ)グッときました、ありがとう。
(ち)知性も姿勢も、
(しん)真の意気。
(や)やっぱり仲間は、いいものですね。

いきなりの七五調お礼で失礼しました(笑)。
久しぶりにお会いしましたら、たべつむぎさん、とっても素敵なお顔になっておられますね!
生活の充実ぶりが、凛々しい表情に垣間見えました。

昨夜は11時半ごろに無事、帰り着きました。
帰路でふと空腹を覚え...あの会の後だというのに
●●バーガーのドライブスルーに寄ってしまいました。
やっぱり私は一にも二にも食欲が勝っているようです(笑)。

ただ、昨夜の自分が大きく違ったことは...
意識的に選んで買った、チキン。その食べ方です。

どんな行程を経て、私の口に届いたのかは分かりません。
昨夜の映像のような中で生まれ、加工された鶏の一部だったやもしれません。
だったら尚更、せめて私が口にする、この瞬間だけでも...
この鶏の命に「ありがとう」を伝えたいと思ったんです。

一口ひとくちを...昨夜ほど感謝しながら食したことは、初めてでした。

途中で何度も、あのDVDのシーンが脳裏に浮かびました。
だけど不思議と...血生臭さに対する、これまでのような嫌悪感は浮かびませんでした。


まだ、頭の中の整理がうまくできていませんが...
昨夜のご縁の中で得た学びに、これからじっくりと向き合っていきたいと思います。


流れてゆく暮らしの中で、三度の食事のたびに、こんな感謝を持つことが、
果たして自分に出来るだろうか。そんな気持ちも、よぎります。
けれどこれは、昨夜のあの時間がくれたチャンスだと。


>暖かいものを食べて、よい毎日をお過ごし下さい。

お風呂上がりにグビグビと冷たい牛乳を飲みながら、
たべつむぎさんからのメールを読んでおりました。
思わず、グラスを持つ手が止まってしまいました(笑)。

この牛乳も、この牛乳をだしてくれた牛も。
その牛を育ててくれた環境も。その牛を産んでくれた親牛も。
その牛の餌になった、干し草も。干し草の養分になった土も、水も。

みんな、みんな繋がってるんですね。


「良いとか悪いとかを論議するのではなくて。
まずは、自分がきちんと知ることから始めたい。自分の目で、知ることから。」

昨夜の会で言われた言葉、大切にします。
ご参加の皆さんのお言葉も少しずつ振り返りながら、次回を心待ちにしております。

いい勉強会でした。
本当にありがとうございました。

みずぽん

追伸:朝から何も食べずに、ようやく辿り着いた玄米おにぎり。
とても、とても美味しかったです。
たべつむぎさん手作りのお豆腐を食べ損ねたのが心残りです。
また、寄らせてくださいね(^-^)/♪



今回、みせていただいた映画は 『 いのちの食べかた Our Daily Bread 』です。
[PR]
by Mizzypon | 2009-11-01 06:25

実り色

e0147092_942249.jpg

「あんた達~、もうすぐ夕飯よ~。 そろそろ家に入んしゃーい。」
「えー、まだ遊びたかーぁ」

「こらっ。はよ、暗ぅなる前に 家に入りんしゃいって。」 
「はーぁい。」


「楽しかったねぇ♪」 
「うん、がばい楽しかったー!また遊ぼうね~」
e0147092_9421235.jpg

「・・・・・えー。 おい、まぁだ遊びたかー。。。」



「ねぇねぇ、お母さん。今日のおかず、 なん?」
「なんやろかね~。帰ってからのお楽しみた~ぃ♪」
e0147092_9462084.jpg



だんだんと、日が短くなってきました。
自分たちの影で遊びながら帰っていた頃が懐かしい、秋の夕暮れです。


この一粒ひとつぶに、次に繋がる命が宿っているんですね。 
e0147092_9423253.jpg
                            秋の実りの色って、あったかい♪


 【お知らせ】 
明日の夜は、第二回「いのちと食をめぐる会」が開かれます。

今回の担当者さんは「たべつむぎ」さん。
この会を発足なさった仲間の皆さんは「アヒンサー ~地球に人にやさしい社会を作る会~」。
そして今日の写真は、たべつむぎさんとのご縁「農ある暮らしのデザイン塾」で収穫された小豆一家。 
[PR]
by mizzypon | 2009-10-29 10:29

見えていても、見えていなくても。

e0147092_10315459.jpg


あなたは
輝いていらっしゃる。

あなたは
闇夜をやさしく照らし続けてくださっている。


新しい朝を迎えることができました。
ありがとうございます。

[PR]
by Mizzypon | 2009-10-28 10:31

「地球グループ のびのび組 の コアラ」

エキサイトの動物系占い。私はこんな人間だそうです。

e0147092_9371961.jpg


■基本性格
いつもありのままの自分でいる、飾り気のない印象を与える人。
芯は強く、負けず嫌いの面を持つ。
義理人情に厚い親分肌で、心の中では常にトップを狙っている。
新しモノ好きで好奇心旺盛だが、長続きしない場合も。

 ●男性の傾向
 男性は、人生にロマンを求めながら、音楽・文芸方面で才能が開化する兆しがある。
 ●女性の傾向
 女性は、結婚後は、夫のために家を守り、夫婦そろって働きたいほう。

■ 性格パターン
【コアラ】ボーっとするのが大好きさ!夢(ロマン)と現実のバランスをとる生き方
・ボーッとする時間が必要
・夢(ロマン)と現実のバランスをとる生き方
・常に最悪のケースを考えて行動する

■ 行動パターン
【地球グループ】デキル人と思われたい
・自分の城を築きたいと考え、自分のペースを貫きたい人です。
・夢を大事にし、コストパフォーマンスを大切にします。

■ 感覚パターン
【のびのび組】自然でいうと「赤い太陽」!楽しいハートを持つ人です。
・華やかで美しいものを好む明朗快活型。
・自分の気持ちに忠実でウソがつけないので、興味や関心が刺激されると抜群の行動力を発揮します。
・お天気屋の面もありますが、時代の先端を常に意識しています。



・・・・私をご存知のみなさん。 どうですかね?当たってます?

トップなんかねらってないし、華やかなものは得意ではないけれど(笑)。
好奇心旺盛だとか、お天気屋だとか。 なかなか見てくれてます、この動物系占いさん。



こちら・・・、時代の先端を意識した結果です。



 あなたの笑顔が見たいから 今日もやります どこまでも
[PR]
by Mizzypon | 2009-10-26 09:37

第2回「いのちと食をめぐる会」

 ■日時■ 10月30日(金)19時~

 ■場所■ 佐世保市重尾町1185 「たべつむぎ」

 ■キーワード■  “大量生産” “食品" “いのち” “人間”

 ■内容■ DVD鑑賞 感想、意見の共有
 『いのちの食べかた(OUR DAILY BREAD)』(2005年、ドイツ・オーストリア合作)

 ■参加費■ 300円(おやつ・お茶代)


e0147092_2149047.jpg


『 わたしたちが普段食べているものについて、改めて考える会にしたいと思います。
そこで、ドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』を観たいと思います。
このドキュメンタリーは、私たちが普段食べている野菜、果物、肉、魚など、あらゆる食材が人間によって完全に管理、大量生産されている様子をひたすら撮ったものです。
流れる映像に対して一切のコメントがありませんので、観る人によって感じ方も異なってきます。
自由に感想、意見などを語り合う中で、私たちの食べているものについて、いのちについて、再度見つめ直すことができればと期待します。 』  
                         ~たべつむぎさんのブログより~


ご参加なさる方は、たべつむぎさんに事前ご連絡をお願いします

   ☆ たべつむぎさん、こんな方です(^-^)。


このドキュメンタリー映画のホームページの中に、とても勉強になる内容が記されています。
トップページからmanualにお入りください「いのちの食べ方」ご鑑賞のしおりに繋がります)。


e0147092_22263561.jpg

[PR]
by mizzypon | 2009-10-22 22:22