タグ:仲間 ( 32 ) タグの人気記事

秀でた感覚・こころみ学園・武雄三樹物語

辻井信行さん、快挙!!
インタビューに答えておられる辻井さんの笑顔が、とっても素敵だった。

辻井さんのWeb Siteにて、プロフィールを読ませていただたいた。
そして、アップされていた曲をすべて視聴した。 心に染み入る音色だった。
過大な言葉を並べると、返って安っぽい感想になってしまうので、やめておく。

さすがだなと思ったのは、Web Siteの中に「全盲」という文字が書かれていないこと。
隠したいからじゃない。純粋に、ピアニストとしての評価をしてほしいからなんだと思う。
・・・というより、彼にとって「全盲」って言葉は、身体の一部の在り方を表す二文字に過ぎないのかも。
辻井さんプロ意識の高さと、そこにたどり着くためのたゆまぬ努力が成した快挙だと思う。。
e0147092_1129280.jpg

昨夜のTVニュースの中でこころみ学園」の取り組みが取り上げられていた。
特殊学級の中学生たちによって開墾された葡萄畑、自立をめざしてつくられたワイン醸造場。
想いを込めて作られているここのワインはをもうならせるほどの美味しさなのだそうだ。

取材の中で、越知真智子施設長がこうおっしゃった。
情けで買ってもらった商品にはリピーターはつかないでしょ。
 でも本当においしければ、また買ってもらえる。
 『このワインがおいしいから、また買ったよ。』と言ってもらえるのが、私達は本当に嬉しい


辻井さんがピアノにかける熱意に通じるお話だと思った。

最近よく耳にするフェアトレードの信念にも似ている、と思った。(先進国の思い上がりな援助じゃなく、
発展途上国の可能性を存分に生かす活動だ、と私は認識している。)

こころみ学園のことは、佐賀新聞の記事で知った。
記事を書かれた賢さんは、栃木にあるこころみ学園まで足を運ばれたそうで、
取材に基づいた確かな内容をこれまでの有明抄に何度か書いていらっしゃる。

賢さんは論説委員長になった今でも「取材は足で」をモットーにしておられるそうだ。
賢さんの熱くて、かつ冷静な姿勢は、以前に拝聴した講演の中でもひしひしと伝わってきた。
だから私は賢さんの、ぐらつきのない記事を読むのがとても好きだ。

その賢さんが、本日6月10日付、佐賀新聞有明抄にて書かれているように、
なんらかのハンディキャップ(→だと世間的には称されているもの)を乗り越えて、
自分の道を切り開いた人たちがいる。

私の友人にもそんな仲間がいる。

例えば大学時代に出会った、旅とマラソンが大好きなNさん。生まれてすぐ、全盲になったそうだ。
最初にこの人の趣味を聞いた時には「見えないのに、旅がすきなの?」なんて愚問がよぎったが・・
Nさんは、視覚以外のすべての感覚をフルに生かし、本当に、心から旅とマラソンを満喫している。
Nさんが感じる旅先の空気や匂い、人の息遣いの話を聞くたびに、羨ましささえ覚えたものだ。

Nさんを通じて知り合ったSさんは、歌が抜群にうまかった。 Sさんも全盲。
ピアニストの辻井さんと同じように、聴力による吸収力が半端じゃなかった。
e0147092_1215254.jpg

余談だが、この仲間には女性を褒めることが得意な人が多かった。
「よくそんな、歯の浮くような台詞が言えますねー」といえば
「だってオレらそっちの顔見えへんからなー。そっちが照れようが怒ろうがオレは恥ずかしくもなんともないねん」
なぁんて、切り替えされてしまう。 もう、なんでも笑いのネタにしてしまう。達人の集まりだった。

五感をなんの違和感もなく使っている自分が、こんなことを言ったら失礼かもしれない。
けれど、何の躊躇いもなしに五感を使って生活している自分にとって、
あの秀でた「感覚」の素晴らしさが、とてつもなく羨ましくなることがある。

その影には、きっと計り知れない苦労や努力もあることだろうが・・・、
私はただただ、純粋に、感動するのだ。 情けなどが頭をよぎる暇など無く。


Nさんはじめ,
数人の友達のことを書いた投稿を、新聞に載せていただいたことがある。
以下、2003年11月26日付の佐賀新聞より。

マラソンが大好きなN先生は生まれつき目が見えない。
京都にいたころに点訳教室で出会って以来、九年ほどの付き合いになる。
私が帰佐してからはメールで近況報告をし合っている。
N先生のパソコンはメールを音読してくれるので、やりとりには何ら障害はない。
そのN先生に最近、彼女ができた。私の友人Yさんだ。
十月の三連休、N先生とYさんに会いに関西に行った。
大好きな二人が並んでほほ笑んでいることがすごくうれしかった。

東京に住むHさんは、車いす生活を始めて十五年が過ぎた。
Hさんとも京都で知り合い、七年前の夏には佐賀まで遊びに来てくれた。
Hさんが使っていた電動車いすは少し大きくて、ドアが両開きの電車でなければ乗り降りができない。
当時、九州ではまだ片開きの電車が多く、博多駅に問い合わせて、車両の型をすべて聞き出す作業が必要だった。ようやく来佐してくれた日はあいにくの雨。佐賀駅周辺の歩行者道路は凸凹が多く、傘を持って通行するのは困難だった。それでも「佐賀に来られて良かったよ」とほほ笑んでくれたHさんを前に、私は当時の、佐賀の不便さを恥じた。

三重のKちゃんは今年六月に車いすの彼と結婚。結婚前に単身で佐賀に遊びに来てくれた。幸せそうな笑顔に私までニヤけてしまった。次回はぜひ、車いすのだんなさまと来てほしい。その時は、大好きな私の故郷、佐賀の魅力をいっぱい見せてあげたいと思っている。

e0147092_11375457.jpg


この投稿をしてから、約5年半。
「愛するふるさとを、いかなる誰もが気持ちよく訪れられるような場所にしたい」という想いは全く変わっていない。
昨夜の三樹ミーティングでは、こんなことを述べた。
「なんらかの理由で三樹を歩いて参られないって人達にも、この魅力を伝えられるような道しるべマップを作りたい」

そのために自分も本気で動くつもりだし、周囲から本気で学んでいくつもり。
そこで私は「埋もれたお話発掘担当」に立候補した。じっくりと学びながら、発信してゆこうと思う。
それぞれに三樹への想いをあたためている市民を、繋ぐ。 そのために、発掘担当。 

これまで、この三本の大楠に関わってきた人たち。
歴史的文献を書いた人、周囲の整備にあたった人、看板を書いた小学生、三樹参りを続けてきた人・・・。
過去から現在の中で励んだ人たち。そして今この時代に色んな想いを込めながら活動をしている人たち。

足腰が弱って家の中にじっとしておられる、ブログなんて言葉からはかけ離れた世代の人たちにも、
三樹につながる思い出話が、まるで宝箱のようにあふれているはず。 

そんな、いろんな、色んな想いを発掘していきたいから。 
そして、まぁるい地球の形のように繋げていきたいから。


行動は、一歩、一歩足元を固めながらの活動に。』 by imakoko師匠

まずは動かないと知ることはできない。でも急ぐことはない』 by かいぼー師匠

『毎日5ミリ成長の、みずぽんです!』 by わたし (笑)


足元にしっかりと根がはっていないままの「ブランド評判」は、要らない。
樹齢三千年の大楠に学ぶのだもの・・・じっくり、じっくりいこう。 一歩ずつ、一歩ずつ。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-10 11:46

ご縁を、紐解く。

土曜日。 福岡から、佐賀の武雄市若木町に通ってる友達Cちゃん
仕事のため、ではない。 その理由はこちら。
農のある暮らしのデザイン塾

出逢った頃からCちゃんは、自然の中の暮らしに憧れてる人なんだなぁって、感じてた。 
でも当時の自分たち。 おとめの夢見る会話の中にあっては・・・

e0147092_952092.jpg現在のようなCちゃんの姿なんか
全く想像すらしていなかった。 
なんとも、かっこいい!!(笑)

Cちゃんの熱意に
農業のプロ I さんの本領も、
いかんなく発揮されてる模様。

⇒どうです?このカラフルさ(笑)。
まるで父親と娘のような二人なのだ。

そして、そこに集まる仲間や、
子供たち。
心があたたかくなる風景。

 
人が、人を動かすんだ」ってこと身近な形で、しかもとても素敵な形で見せてもらっている。 

Cちゃんと知り合ったのはほんの数年前だから、まだまだ付き合った年数は長くない。
けれど彼女と話していると、不思議なくらいに「そうだね」「そうだよね」という言葉が互いに続く。

e0147092_9282243.jpgこのCちゃんとの出逢いをくれた、Eちゃん
Eちゃんも、とても素敵な女性だ。 

彼女とは、あるラジオ番組がきっかけで出逢った。
ご縁って、どこに転がってて
どう繋がってゆくか分からないから面白い。
昨日は久しぶりに、Eちゃんと色んな話をした。


彼女は最近またひとつ、新しいことにチャレンジし始めた。 
出逢った頃の懐かしさがこみ上げてくると同時に・・・色んな事を乗り越えながら、
一歩ずつ一歩ずつ頑張ってきた仲間の姿がとても嬉しかった。


e0147092_956481.jpg農デザイン塾のブログにでてくる
和樹(なごみのき)さんとのご縁も
本当にありがたい。

和樹(なごみのき)さんは、佐賀の地で育った木々を大切に扱いながら
素敵な器を作っておられる


我が家のお弁当箱も和樹(なごみのき)さんにリクエストしたもの。




そして・・・
e0147092_1053721.jpgそんな色んなご縁が
不思議な力で繋がっていく場所が

ここ

この場所との出逢いは、
SAKANアートに取り組むチャンスもくれた。




e0147092_10215178.jpg和樹(なごみのき)さんが使われた木の端っこは、さつきちゃんにも繋がった。

人が見れば何てことない端切れの木片も、さつきちゃんの手にかかればキャンバスに早代わりする。


絵描きとして素敵な世界を繰り広げ、先ごろの個展でも色んな喜びをくれた
さつきちゃん。彼女とのご縁の糸を紐解けば、自分の母親につながるってところも不思議。

そしてさつきちゃんの心と繋がってくれた、大切なSちゃん。Sちゃんとの出逢いをくださった、Kさん。Kさんとの出逢いをくれた場所。その場所とのご縁をくださった・・・・  さかのぼること、どこまでも(笑)。




自分から求めたもの。
家族がつないでくれたもの。
友達がつないでくれたもの。
ご先祖さまがつないでくれたもの。

趣味がつないでくれたもの。
自然がつないでくれたもの。
目には見えない、何かががつないでくれたもの。
 
偶然みたいで実は必然だったんだ、って、心から感謝するご縁。

それでも私がこれまで得たご縁や、これから得るであろうご縁は・・・
地球上に存在している(してきた)命の数からすれば、ほんの、ほんのわずかな一握り。
だからこそ、繋がったご縁は、大切に誰かにつむいでいきたいと思う。

だれかにご縁を繋いでもらえる『人』は、その人がまず『素敵な人』だから。
物でもいい、人でもいい。 いろんなことがつながっていくプロセス。

私ももっともっと『輝く人』になれるよう、ワクワクしながら日々是精進♪だー。
e0147092_11171936.jpg

こんな気持ちにさせてくれた、素敵な本に感謝。
素敵な本との出逢いをくださった、imakoko師匠に感謝。
imakoko師匠とのご縁をくれた、武雄よかとこブログに感謝。

武雄よかとこブログのきっかけをくださったDr.かいぼーに感謝。
そして、そのチャンスをつないでくださったnaoちゃんに感謝。

naoちゃんと繋がってるyookoさんに感謝。
yookoさんと繋がってる山閑人ママに感謝。   ・・・まだまだ続くよ、どこまでも(笑)。


やっぱり、ご縁ってまぁるく、まぁるく繋がっているのですね。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-02 11:21

だいじょうぶ。 

落ち込む自分も、自分に変わりない。
落ち込む自分を嫌いになるより、落ち込む自分も自分なんだと知ることができれば。
そんな自分を認めてあげられれば、人はどんなにか、心を楽にすることができるだろう。


e0147092_1034644.jpg
「みずぽんって分かりやすいよね!冬と夏で、こんなにも生き様が違うんやもん(笑)」
はい、そうなんです。 冬場のへこみ具合と、夏場の元気具合。 
はい、そうなんです。 周囲の人々にも明らかに伝わるほど、くっきりと差がでるんです(笑)。

いいんだよー、グリーンだよー。

人間も、元をたどれば動物なんです。
冬眠したがる人間がいたって、いいんです。 そして私は、そうなんです(笑)。
というわけで夏が近づいている最近は、徐々に活発度が上がってきています。
きっと今年もまた、冬になるとへこみます。 でも、それもまたヨシ。

未来(とき)の旅クラブで内観の時を持ち、自分のサイクルを発見したことはとても大きかった!
こんなふうに受け止めることができるようになったことで、私自身、心がすごく楽になりました。

e0147092_9593037.jpg


私のキャッチコピーは「毎日5ミリ成長!のみずぽんです」デス。
たんたんと、そして さんさんと。」これが、2009年。 今年の目標。
でも、私の場合は・・・、それを365日に平均的に分散できないタイプなので
あたたかい季節に、一気に前進してるって話なのでありまする。

成長期。骨の伸び具合と筋肉の成長がバランス取れなくて・・節々が痛い、っていうあの経験。
人生においては、あんなふうに飛躍的に成長することは難しいもの。
ちょっとずつでいい、ちょっとずつ。 


人は、人。 わたしは、わたし。
人は、人。 あなたは、あなた。

そんな中で、
あなたと、わたしが。 あなたと、だれかが。
繋がることができた、それはとても幸せなこと。


爪の形ひとつを取ったって、人は皆それぞれ違うんだもの。
その人の歩幅で一歩ずつ、ちょっとずつでも進んでいけたら、それでいい。
前進していないように見えても、ちゃんと前進しているよ。 
自分を信じよう。 あなた自身が、自分を信じることからはじめよう。
 だいじょうぶ。 ダイジョウブ。
 

今、心の中に闇を抱えながら、このブログを訪ねてくれた貴方へ。
わたしはいつも、そう思っています。


e0147092_9581434.jpg


武雄よかとこブログ、アップしました。
  『武雄アーカイブ (2)』 ・・・工藤直子さんの詩が、心をあたたかくしてくれます。
  『第29回 たけお音楽祭』 ・・・音楽って、やっぱりいいね!


 写真1 : 昨日、たけお音楽祭の帰り道の空に浮かんでいた月。
 写真2 : 樹齢三千年といわれている、塚崎の大楠(武雄市武雄町)。
       太い幹の真ん中が、落雷でぽっかり空いています。そこに包まれてみてください。
       地球に抱かれているようで、私はとても落ち着きます。
 写真3 : この季節、大好きな花のひとつ。 ドクダミ。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-01 10:19

「みどり色」の、貴方のイメージは?

質問です。
   次の色に対して、貴方はどんなイメージをお持ちですか?
   直感で浮かんだ内容を、それぞれお答えください。
   (果物名などの具体例ではなく、感情や情景表現などのイメージを)

【 あか 】  【 くろ 】  【 あお 】  【 きいろ 】  【 しろ 】  
【 みどり 】  【 ピンク 】  【 きんいろ 】  【 むらさき 】

e0147092_1034482.jpg

こちら、貴方の答え。
【 あか 】 ・・・  【 くろ 】 ・・・  【 あお 】 ・・・  【 きいろ 】 ・・・
【 しろ 】 ・・・ 【 みどり 】 ・・・ 【 ピンク 】 ・・・ 【 きんいろ 】 ・・・ 【 むらさき 】 ・・・

   ◆               

こちら、私の答え。
【 あか 】情熱、怒り  【 くろ 】闇  【 あお 】清さ、∞(無限大)  
【 きいろ 】元気、幼さ  【 しろ 】純粋 【 みどり 】自然  
【 ピンク 】乙女度合い  【 きんいろ 】成金、  【 むらさき 】高貴、ヤンキー(笑)

   ◆               

こちら、アメリカ出身の友人2人が出した答え。
【 red 】passion, durty, sexal, love  【 black 】darkness, humor  
【 blue 】indigo  【 yellow 】caution, sun  【 white 】purity  
【 green 】nature, envy  【 pink 】girlish love 
【 gold 】high position, high quolity, money  【 purple 】royality


   ◆                 


昨夜は夫が不在だったので、久しぶりに友達5人と一緒に午前様。 楽しかったー♪♪
その時にひょんなことから色の話で盛り上がったので、ここにもメモ。
始まりは「下ネタを英語ではなんと言うか」ってことだったのが・・・ちょっとウケる・・笑。

で、注目したいのは、アメリカ人の友人たちの答えの中の数箇所。
あ。下ネタの回答に注目!ではありません(笑)。 色に対する回答に、です。あしからず。

【 red 】 passion, durty, sexal, love ・・・赤に、汚れたイメージ?
【 black 】 darkness, humor  ・・・これは、ブラックユーモアから連想されることだな、と納得。
【 yellow 】 caution, sun  ・・・黄色で太陽を連想、かぁ。 私には、これはなかったなぁ。
【 green 】 nature, envy  ・・・ここが、一番驚いたこと。

green、つまり「みどり色」に対する連想に「envy」 !?!?
・・・えっ?「ねたみ、しっと」・・を連想、ですか?? 

理由を尋ねると・・・アメリカ紙幣の色が緑色だから、そこから連想されるのが「成金」とか「金持ち」。
そして、そこから発展する「ねたみ」や「しっと」ってわけなんだそうな。 ふむふむ、なるほどー。
日本で日本人として暮らしている以上、「みどりいろ」に「ねたみ」が出てくることはまずないわよね。

「みどりいろ」って一言にも、ものすごい幅広さがありますな。緑を「あお」って呼んだりもするし。 
わたし、明度・彩度の豊かな「みどり色」に包まれた山々が大好き。
私の大切な、大切な人の名前も「みどりさん」。 ♪おー牧場ーはーぁ みーどーりーぃ♪ (笑)
ちなみにJR九州鹿児島本線・佐世保線を走っている「特急みどり」の車体色は、レッドです。(笑)
e0147092_1032135.jpg
(こちらは、とってもカラフルなハウステンボス号♪)

中国出身の、ある友達から聞いた話。
中国ではは喜びを、は悲しみを表すのだそうな。
だから、日本の祝儀袋が「白」であることに、来日直後はかなり違和感を覚えたらしい。
白い紙が張は訃報を意味するものだから、しばらくは白い紙の山が・・・切なかったらしい。
というわけで歓迎の会などでは、赤い紙+黒い文字を使ってお迎えをすればとても喜ばれるそうな。

いやいやー。色の世界はのすごく広いなぁー。
色そのものも奥深いし、その色に対する各国や、人それぞれの概念が違うのもおもしろいし。

学生時代、比較文化の授業で「国による色の認識比較」のレポートを書いた記憶があるけど・・・。
もう10年以上も前の話で、内容をすっかり忘れてしまった(笑)。
でも、こういう話はいまだに大好き! 

昨夜の友人たちが話してくれたカラーチャートの話もおもしろかった。
科学の話にまで発展したので、専門用語には私の脳がサッパリついていけなかったけど・・・苦笑。
下ネタにも科学の話にも、紳士に(?)対応してくれた友人たちよ、ありがとう。 あっはっは。

CMYK4原色と、光の三原色RGB。
プリンターとかの印刷の世界と、テレビとかの世界で、なんで色の呼び方が違うんだ?と思っていたけど、
なんとなく初歩的なことが分かったような・・・・・。
・・・って、これってみんな知ってる話なのかしら???

CMYK4原色:C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)
光の三原色RGB:R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)

またもや、知りたいことが増えてしまいました(笑)。


当たり前のように、目にしている色の数々。
暮らしに欠かせない、色たち。 

色、いろいろ。  たのしいね♪


【追伸】
Cくん、Pくん、Rちゃん、Hちゃん、Mちゃん。昨夜は楽しい時間をありがと。こちら、そのお礼(笑)。 
(数人は記憶にあるはずネ、武雄青陵高校最後の体育祭で飾られていたパネルのひとつ) 
e0147092_10562273.jpg

♪ぽーにょ ぽーにょぽにょ♪ →純粋に、私はこれが大好きです♪ だから堂々と歌いますゾ(笑) 
[PR]
by mizzypon | 2009-05-30 11:11

GIVE ! GIVE ! GIVE !

未来(とき)の旅クラブの主催者 imakoko師匠が、オススメ本について書いておられた。

この本を読んで誰が一番喜ぶだろうか??とイメージしたが、
おそらくみずぽんさんは、ノタ打ち回って読むんじゃないかと想像できるほど良い(笑)。


・・・あたしが・・・ノタ打ち回って読むんじゃないか・・・!?!?

 memo: のたうちまわる・・・「のたうつ」の強調表現。
         のたうつ・・・・・・・・苦しんで、もがく(ころがる)。 (新明解国語辞典より)


・・・師匠(汗)。 あたしってば、どんだけ喜ぶんですか。苦しいほどに幸せそうじゃないですか。
そんなこと言われたら、じっとしていられるわけないじゃないですかッ。
・・・師匠、いいかげんにしてください。 またもや放火魔ヂカラを発揮!ですよ(笑)。

というわけで。 キーワードを頼りに、私がノタ打ち回りそうなネタを検索してみた。
これに間違いないだろう。 ・・・・師匠、当たってます?
ネットワーク指数 なぜ、あの人のまわりには「素敵な人」が集まるのか What's Your NQ?
 枝廣 淳子さんの翻訳、とあらば・・・ビンゴでしょ?(笑)

原書のタイトルはTHE CONNECT EFFECT 
Building Strong Personal, Professional, and Virtual Networks

で、著者はMichael Dulworth。 このマイケル・ダルワースさんって人も気になって、検索。
マイケルさんご本人が、この原書について話しておられる動画を見つけた。



むふふ・・・imakoko師匠、ありがとうございます(笑)。
そうですね。 きっとワタクシ、ノタ打ち回りますデスね(笑)。

"You have to be giving. "  "Give first , and often. "
・・・そうなんだよなぁ。 与えられるにはまず、自分からしっかりGIVEすること、なんだよなぁ。

"You're really not forming a network with all about
ME! ME ! ME !! TAKE, TAKE ! TAKE !!  
...is acturally, exactly oposite. You're forming your network to
GIVE, GIVE, GIVE. "

・・・うんうん。 自己主張&要求ばかりのネットワークづくりじゃ、意味がないんだよ。。
って、現実にはまだまだな自分だけれど、GIVE, GIVE, GIVE。やっぱ、これなんだよなぁ。
『のに』がつくと、本来の目的を見失っちゃうんだよなぁー。うんうん。

"And someday when you need that network, or someday when you want to leverage that network, that network will be there for you and people will be receptive, to helping you. "
・・・そう!そうなんだよー。これは、私も身をもって実感しておりまする。
結局のところ、見返りを期待せずとも、気がつけば人のために動くことが、
すべてはいずれ自分に返ってくるんだよねぇ。 そうそう!

そして、この中で具体例として挙げられている、を動かすってお話。
サンフランシスコのストリートでのホームレス生活をしていた女性(65歳)に始まっている。
マイケルさん達のネットワーク(始まりは8~10人という小さな人数)が、つまりは、人の熱意が、
市長はじめ行政を巻き込んで、今ではホームレスを取り巻く環境改善のための大きなシステムづくりに広がっている、と。

やっぱりすべては、最初の一歩からなんだよなぁー。
私たちは皆な、大河の一滴さ。 でもその一滴一滴がなければ、大河にはならんのさ。 ねぇ?

先週の番組の中でも「人が人を動かす」ってのをしっかりと見せられて、心が熱くなったもんなぁ。
NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
“ばかもの”が、うねりを起こす 公務員:木村俊昭(2009年5月19日放送)

 (ちなみに、この木村さんも葉書と切手をいつも持ち歩いているそうな。 はがき道の力、ここにも!)


よし。 読んでみよう (^♀^)♪ 
ここはビシッ!と原書で読み解きたいとこだが、枝廣さんのプロ技を前にして回り道はやめとこ(笑)。
まずは翻訳本で、しっかりと消化吸収。 
さぁ。 心に、栄養を。
[PR]
by mizzypon | 2009-05-28 12:58

第11回 未来(とき)の旅クラブノートより

人生とは、改善と進歩の道

昨日・今日・明日。
 “今日という一日の中で、今、ここに生きる”ことの積み重ね。


e0147092_1057283.jpg


「感謝ノート」を綴ることの、充実と効果。

『つながり』  
ハード 「同級生」「同僚」→“箱”や“外”のつながり。 
     (この中で見つかるソフトなつながりも、もちろんある)
ソフト  「自分がしたい事でつながる仲間」→“心”や“内(ハート)”のつながり。


*やりたいことに共通しない人とのつながり ・ やりたいことに共通する人とのつながり

*世間体を気にしなくなること → 異質歓迎の心へ

*憧れる人を持つ ~ いつの間にか、自分自身が「憧れの人」という存在に ~

*依頼心 *依存心 *指示待ち 
  ・・・やりたいこと(ビジョン・夢)の、自分の人生におけるウェイトはどうか?

*依頼される人 *指示が出せる人 
  ・・・ビジョンの確立、行動計画の充実、振り返りの定着。


e0147092_10491277.jpg


システム思考 = つながり思考


【システム思考のツール】

その1 : 時系列のパターングラフ Behavior Over Time (BOT)
      このままパターン vs かえたい(叶えたい)パターン
      ・・・この2つのパターンを具体的な数値で示すことで、目標が定めやすくなる。

その2 : ループ図 Causal Loop Diagram(CLD)
      問題となっている状況の要素や因果関係をループ上に起こして、
      そのつながりを「図」として見る。



『細分化・・細切れビジョン』
(1) 時間軸・・・年→月→週→日→時間帯/時間
(2) 空間軸・・・


昨日の解決策が今日の問題を生む 
  ~枝廣淳子+小田理一郎 著
   『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?』 (東洋経済新報社)
より~


*Must Do List・・・その質を見極めよう。
 本当にやるべきこと + やったほうがよいこと + 実はやらなくてもよいこと
  ↑この、本当にやるべきこと = 自分のやりたいこと とリンクできるようになると素晴らしい!
 
~改善と進歩の道~ そのコツ
○ 全体像を見る力
○ 問題行動のツボを発見する力
○ 斬新的であること
○ 働きかける場所をかえる
○ (忘れられた)本来の目的に、意識を戻せるか
○ 組織での問題を共有できているか否か

e0147092_10265990.jpg


Plan ! Do ! Check ! やっほー!!
[PR]
by mizzypon | 2009-05-26 09:20

さつき晴れ4 ~switch~

お友達の個展がはじまりました(^-^)
e0147092_735670.jpg

やさしくって 楽しくって ルンルンしちゃう世界が 広がってま~す♪

ワクワクスウィッチ、オン!
ふわふわ、遊んじゃうよ~♪e0147092_7353998.jpg あ~いう~えお~おぉん





















e0147092_7364281.jpgスタンダードな画材はもちろん、
布だったり、ダンボールだったり、
焼き物だったり、木だったり。
いろんなものが、キャンバスに☆


なんと言っても、みていて楽しい!
 
公開製作っていうのも、いいね!
目の前で、さつきワールドが
どんどん広がります。

これまたポップなダンボール椅子に
座って、じっくりと観ることができます。
(椅子、購入オッケーです♪)







e0147092_737559.jpg
ポストカードも勢ぞろいしています。 乙女ゴコロをくすぐりますね~。


  さつき晴れ・4 ~switch~ 

  【日時】 ~5月31日(日) 11:00(AM)~18:00 (水曜 定休日) 
  【場所】モンネポルト (築80年の製陶所跡地ギャラリー内)
  【住所】 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
  【TEL】 0956-85-8155
  【ブログ】 http://monne-porte.jugem.jp/

 日曜日にはピアノのライブ(17日,24,31日予定、17日は流しで弾いてもらう予定)もあるそうです。
 
さつきちゃんのHPは、こちら。

 
[PR]
by mizzypon | 2009-05-15 23:03

第10回 未来(とき)の旅クラブノートより


e0147092_8242954.jpg
◇毎日5つの「ありがとう」。
◇自分が環境を変えれば、相手が変わる。→実行してみて体感してきた変化。
◇春、若葉から元気をもらう。

◇野菜、食物を育てる。
 →田畑に微生物を飼っている、と考えてみる。
 →微生物が好むものを田畑に入れる。
 →田畑が元気になる。元気な野菜が育つ。それを食する人間が健康になる。

◇「かっこいい中年」

◇100%の実行=段取り50%+行動10%+片付け40%
  100%の成功=計画50%+実行10%+振り返り40%

  ×忙しくて、そんな時間は取れない。否、実はそういう行動が面倒くさい。
  ○忙しいからこそ、段取りができているかどうかが成功のカギ

◇道具・・・(かつては)自分で道具を作ったからこそ、それらの片付け方も知っていた。
       (現代は)何でも買うから、片付け方が分からない。

◇弁証法
◇営利と非営利の融合

◇「考える」ことを重視する文化と、「感じる」ことを大切にする文化が融合していく。
     ~未来を予見する5つの法則(田坂広志著・光文社)より~

◇気になる本・・・「仕舞える住まいの収納学~ゴタゴタ病根本治療の処方箋」(山口昌伴著・農文協)


  □□□ 未来(とき)の旅クラブ 旅人募集中 □□□

   *毎月一回、武雄市若木町にて開催中です。
   *現在、20代から50代の仲間でともに勉強中。 年齢の上限は問いません♪
   
   「日々の生活が忙しすぎる。」 
     ・・・忙しさの質を変えます
 
   「毎日の時間を、もっとうまく使いこなしたい。」 
     ・・・そのコツ、かならず身につきます

   「自分が何をしたいのかが分からない。」 
     ・・・したいことが見えてきます

   「未来に向けた夢がない。」 
     ・・・夢を持たずにはいられなくなります!(笑)

   「職場以外で仲間が欲しい。」 
     ・・・職種や性別を超えた「同志」が見つかります

    そのほか、いろいろ。 詳しくはこちらまで♪♪♪
  

    
   

[PR]
by mizzypon | 2009-04-20 08:25

未来(とき)の旅クラブノートより

*夢を実現する方法*
その1:欲しいものややりたいことに向けて、様々な努力をすること。
その2:欲しいもの、やりたいこと、会いたい人が向こうからやってくること。

*求めているものが向こうからやってくる、そのコツ* 
・日ごろから意識的に求めているかどうか(自分に近づいてきたチャンスを自分で気づけるか)。
・自分に寄ってくるものが、自分にとって必要か不必要か。 その見極め。
不必要な物事をキッパリと断れるかどうか。(クリアであれば、あとは断る勇気のみ)

*求めているものをクリアにする、そのコツ* 
未来(とき)の旅100リストを、いつも眺める。
振り返りの時間を必ず作る。(忙しい時こそ!) 
  ・・・日々単位、週単位、月単位、行事単位、そして年。
HOT(終わった~)なうちにCOOL(フィードバック)な行動を!気持ちや記憶が新鮮なうちにメモ&形に!

*叶えたいことを整理整頓するコツ*
 ・それを叶える時期 (今すぐ可能? すでに取り掛かってる? 将来的に? 生涯をかけて?)
 ・それを叶えるために要する時間 (すぐに完了? しばらくかかる? 生涯をかけて?)
 ・それを叶えるために必要なものや、こと (自分だけでできる?仲間が必要?場所は?お金は?)

*やりたい事と、やらねばならない事*
・スケジュール帳の予定のうち、本当に自分がやりたくてやっていることは何割?
・「ねばならない」で埋め尽くされている・・・時間管理、空間管理を見直して、無駄をクリアにする。
・「ねばならない」と「やりたい」の境目が曖昧・・・「ねばならない」が、本当に「ねばならない」のかどうかを見極める。
・「やりたい」ことがはっきりしない・・・文字に起こす、形にする、ビジョンで見る。→100リスト

*目標を高くする、とは?* 
・ハードルに見立てる・・・飛べるか/飛べないか。 飛べたか/飛べなかったか。 白か/黒か
 ・階段に見立てる・・・どこまで登ったか。 どこまで近づけたか。 どこまで成長したか。
    ・・・目標に近づく、その過程をも楽しむ、ということ。

*ブレない人。 ブレない軸。 ブレないココロ。
 (やりたいことがクリアな人は、少々のことではぐらつかない)

自分を責めない、人を責めない、状況を責めない
  ~「なぜ出来なかったのか(-)」ではなく「どうすれば出来たのか、出来るのか(+)」~
e0147092_9542339.jpg


*段取り!段取り段取り~ぃ!!(笑)

*日本は、平均値に引きずり下ろす社会である。
*志(こころざし)の通う仲間が集う→その土地の固定観念を動かす。
 「なんか、おもしろそうなことやってるぞ?」
*「個」を認められる空間、 「個」が活きる空間。 そして個々が仲間になれる空間。

*人は0(ゼロ)で生まれてくるのか。 人は何かを持って生まれてくるのか。
『運命を引き寄せる惑星と宝石のチカラ』 松川明男著
*~30歳:インプット、35歳~:アウトプット

*無意識を、意識する。  *気質と、資質。  
*美を意識する人は、美しいものを生活の中に常に置いておく。

*可能性に、人は幸せを感じる。
*人生で、自分は何回食事する?何回つくる?何回~する? ひとつひとつのことを、大切に。
*大金持ちだがやりたいことがない人 VS お金はさほどないが、やりたいことがはっきりしている人。

*夢を叶えるシアワセ。 夢に向かっている自分の、その姿のシアワセ。


                           ~第8回未来(とき)の旅クラブのノートより~

e0147092_9493020.jpg

未来(とき)の旅クラブのメンバーが、ぼちぼち増えている。
これほど学びの多い場は、なかなかないもので・・人に勧めたいのだが、うまく伝えられない。
というわけで、開催後にはこうしてブログにてメモを起こしている。

月に一度、集うたびに「おもしろいな~」「ありがたいな~」「不思議だな~」と、
様々な感動でココロが満たされる。

そして一番ありがたいのは、どれだけ自分が落ち込んでいても・・・
この場に集っていると、いつの間にやら元気をもらっていること。
「ありのままの自分でいいんだ」という気持ちに、ホッとすること。
そして気づけば「○○な自分になりたい!」という気持ちに、ワクワクしてくること。


HOT(終わった~)なうちにCOOL(フィードバック)な行動を!」というアドバイスに学んで、昨夜は帰宅後にさっそく未来(とき)の旅100リストを整理した。旅クラブ後に佐賀市にでかけ、帰宅は夜10時を回ったのだけど・・昨夜はどうしてもやりたかった・・笑。
そして今朝は、この旅クラブの旅人一覧表をまとめた。今後も仲間が増える(→言い切ってますワタシ)ので、下枠は無制限~。まことに自分勝手ながら、それぞれの旅人の他己紹介(長所)欄も作った・・・笑。

今朝の感謝ノートには「ありがとうと思える、今日の自分にありがとう」と、一行目に書いた。 
ほんとに、ありがと。 (なんかナルシストみたい??)

[PR]
by mizzypon | 2009-02-12 10:05

寒さも、いいもんだ。

e0147092_935627.jpg
さて、どんな飲み物が入っているでしょう。 きっと、カップの形で分かりますね・・笑。

日曜(7日)の午後、友達と一緒に黒髪山周辺をのんびり巡ってきました。
前日に降り続いていた雪が、展望台付近にしっかり残っていましたよ。
e0147092_98198.jpg
展望台のあちこちに、雪だるまや雪人形が。 
このお人形はどうやら、飛び立ちたいらしい・・・(笑)

2人で合流してから動いた距離は全部合わせてもきっと、10キロにも満たない程度。
それでも、ランチに足湯に、窯元さん巡りに茶房に。
自分は恵まれた環境に暮らしてきたのだなぁ~と、改めて感謝かんしゃ♪

都会ならば、狭い範囲で何でも揃うのは当たり前なのかもしれませんが・・・
息苦しさを感じぬままに、これだけの充実時間を近場で満喫できるのは、うちの田舎の特権かな♪♪

暮らしのことや夢のこと、生き方のこと、巡りあいのこと。 いろんな話をすることができました。
寒さがとーーーてーーーも苦手なワタクシですが、この日は不思議と幸せ気分でいっぱい。
彼女と一緒でなければ、私はきっとこの日も部屋の中で冬眠生活を送っていたでしょう(笑)。
Yちゃん、お付き合いくださりありがと☆

1枚目の写真は黒髪山の麓、桃林窯さんのケーキセットです♪
よかとこブログにもアップしています
興味のある方は、桃林窯さんブログからお訪ねくださいね♪


さきほど、先週土曜の日記もアップしました。 ↓↓
[PR]
by mizzypon | 2008-12-09 11:33