<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

佐賀新聞「きょうの言葉」より

前々より関心が強かった活動に、今月から本格的にかかわりをもつようになった。
とはいえこの活動に向かう人たちの想いはとても、とても深い。

いや、どんな活動であれ、誰だって一生懸命なことに大差はない。
けれども、この活動が生まれるに至ったことそのものが、とても大きくて、とても深いものだから。
じっくりと、じっくりと暖めながら、未来につながる活動にしていきたいと思っている。

私の長所でもあり、短所でもある「なんにでも一生懸命」は
どうかすると他人を巻き込むだけ巻き込んで、結果的に周囲に迷惑をかけてしまうことも。
e0147092_8534370.jpg

言葉を変えるなら・・自分はよかれと思った行動が実は「ありがた迷惑」だったことも、きっとある。
30代半ばに近づき、、ようやくそういう自分が少しずつ分かり始めた。

興味あることすべてに、まずは飛びついてかじってみるのが私の癖だったけれど、
最近は一応(それでもまだ、あくまで「一応」?)、一呼吸おいて考えてみるようになった。

自分自身で済むことも、相手あってのことも。
「本当に必要なことなのかどうか」
「自分がやるべきことなのか、どうか」

そういう気持ちを行き来しつつ・・
それでも今回の取り組みに対しては「やはり、やるべきことだ」という気持ちに落ち着いた。

自分の中の、新しい取り組み。 
一人では微々たる力にしかならないけれど、実り多き確信のある、うれしい取り組み。

桜が満開の頃に文書を作り、新緑の若葉がまぶしい季節にスタート。 とても清々しい。
木々が枝葉をじっくりとのばしていくように、
人々の輪がゆっくりと、そして確実に広がっていくことを願いつつ、一歩ずつ進んでいきたい。


そんな中、今日の朝刊でこの言葉を見つけた。

『事を起こすときは、義があるのかないのか
 をしっかりと自分で確かめなければだめだ』


e0147092_8103035.jpg


さっそく、切り取って手帳に貼った。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-30 09:29

第34回 全日本クラブ野球選手権大会 九州地区予選

e0147092_1363386.jpg


去年の地区予選で決勝まで勝ち進んだ佐賀魂(SAGA Spirits)
佐賀魂は佐賀県で唯一、硬式野球の社会人クラブチームです。

先日はvs福岡ベースボールクラブのオープン戦@花山球場(江北町)を観に行きました。
高校野球ルールと、社会人野球ルールには違うところが結構あって、
基本、高校野球好みの私の心には微妙な違和感が(汗)。
といいつつも、寒い中で3時間観戦してきましたー。

今年の地区予選はどうでしょう。 
5月4日の準決勝&決勝を観に行くつもりです。 是非とも勝ち残っててほしいです!

◆福岡県北九州市八幡東区大谷1丁目2-15
◆JRスペースワールド駅下車徒歩10分



全国各地の予選はこちらで。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-29 13:28

スッキリ小話

DM(ダイレクトメール)やポスティングチラシ。
ほぼ毎日といってよいほど、郵便受けに入っている。

想いをこめて差し入れている方々には申し訳ないけれど・・・
実際に我が家の役立つ情報は、この中の一割以下。

ふと思いついて、玄関先にこれらを捨てるBOXを置いた。
溜まったらリサイクルBOXの紙たちと合流させる。不要なものは、家の中に持ち込まない
たった紙切れ一枚のことだが、その場で処理することで案外スッキリ。

[PR]
by mizzypon | 2009-04-28 08:59

スッキリ小話

「大安売り」「お買い得」という言葉に、つい買い溜めしていた生活消耗品。
最近は、ストックを1つ持てば十分だと自分に言い聞かせている。

ストックが多かった頃は「まだ沢山ある」という気持ちから、
つい、ティッシュやら洗剤やらを無駄に使いがちだった。 今思えば、の話だけど。

買い溜めをしない=単価が少し割高になることが多い。
けれどスペース的に余裕ができるし、結果的には無駄遣いがかなり減った
買ってきてみたら、実は以前に買ったストックがまだ残ってた・・ということも、無論、なくなった(笑)。

[PR]
by mizzypon | 2009-04-27 09:05

バーティカル手帳

100の夢リストのひとつは「手帳を使いこなすこと」。
自分の生活スタイルに合わせて、去年の後半には手帳を手作りしたが・・・
情報を欲張りすぎてサイズが大きくなってしまい、持ち歩きづらくて結局は活用できず。

◆2009年手帳には、大型書店で1時間ほどかけて市販品をじっくり吟味した。
物凄い種類に驚いたが、デザインの勉強にもなった。もっとも多かったのはバーティカルタイプ。
  ※バーティカルとは・・・vertical:縦の、垂直の という意味の形容詞。
  ※バーティカル手帳とは・・・1日ごとの時間スケジュールが書き込める手帳のこと。


◆これまでにもバーティカルタイプを使ったことはあったが、うまく使い込んだ年はなかった。
でもこの種類の増量にいかに多くの人が時間を有効に使いたがっているのかが垣間見えた。

未来の旅クラブで時間管理を勉強し始めたことで、手帳についても私なりの使い道が見えてきた。
そこで気合を入れて「これなら私にも行ける!」と感じたB6サイズの一冊を選んだ。

◆2009年手帳はもうすぐ5か月目に入る。 ようやく自分の生活必需品になってきた感あり。

◆以前の手帳を見てみると、私はまるで超多忙人?のような書き込みがある。
けれど、バーティカル手帳に書き込んでみると・・・実際に必要な時間帯だけが埋まっている。
自分の空き時間がどこにあるのかが一目瞭然となり、「忙しい」と口から出ることがなくなった。
「まだこんなに時間があるんだー」と、行事の重なる日にも心の余裕さえ持てるようになってきた。

◆行事が立て込んでいる時の優先順位をつけやすくなったので、断り上手にもなってきた気がする。

◆手帳の好みは人それぞれだろうけれど、私にはこのB6サイズが合っているようだ。
・自分の予定 ・家族の予定 ・家計簿 ・Must Doリスト ・Want to Doリスト
・はがき道セット(はがきや切手) ・誕生日リスト ・その他の情報スクラップ
これらすべてを一冊でまかなうようにしたら、気持ちもスッキリ。
同サイズの薄型メモ帳を挟み込んでいるので、出先でも何でもメモするようになった。

◆ついでを言うならば、消せるボールペンを活用中。これがまた、とっても便利。
・動かない予定(催事や検定など)は従来の消えないボールペンで記入。
・動くかもしれない予定(ミーティングの仮日程など)は、この消せるボールペンで記入。

一見、なんだかとっても面倒くさそうな(まるで私がとっても几帳面かのような)内容だが・・・
この2種ペン使いで、手帳がスッキリと使えるようになった。修正ペンが要らないのが、いい。


バーティカル(vertical:縦の、垂直の)な視点、おすすめ。 
逆に、気持ちはホリゾンタル(horizontal:横の、平面の、水平線上の)な感じ?
イライラすることが減った(笑)。

◆学生に大人気のドット入りキャンパスノートも、このバーティカル視点を取り入れたもの。
一冊使ってみているが、たしかに、たしかに。 予想以上の便利さに驚いている。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-25 10:26

武雄三樹物語

「さんじゅ」で辞書を引くと「傘寿」という漢字が出てくる。
傘寿」・・・「傘」の略字が八十と読めることから、八十歳(の祝い)を意味するのだそう。
サンジュ・・・まるでフランス語のような響き。 声に出してみても、なんだかホッとするいい言葉。

いつの日か、辞書の中に「三樹」と「三寿」の漢字も加わるようになったらいいな。


さんじゅ。

三つの樹、三樹。 川古の大楠、 武雄の大楠、 塚崎の大楠。  
三つの寿、三寿。 人生の長寿、 人類の長寿、 地球の長寿。 

武雄三樹物語。

e0147092_10323125.jpg


□■□ わたしのイメージmemo □■□

三つの木。 木、 林、 森。
三つのき。 祈力、 気力、 己力。
三つの命。 おとうさん、 おかあさん、 こども。
 
三つの世代。 祖、 親、 孫。
三つの時代。 過去、 現在、 未来。 
三つの話。 昔ばなし、 今のお話、 未来のお話。 

三つのさん。 祈る「参」、 称える「讃」、 食する「餐」。
三つのさん。 SUN、 山、 産。
三つのさん。 燦々と 三樹三景 散策もよし ・・・字余りッ!

             ・・・・・なんだか、絵本になりそうな妄想がいっぱいでてきたぞ(笑)。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-23 10:32

瀬谷ルミ子さん

昨夜のNHKプロフェッショナル。
ずっと鳥肌がたっていた。 
感動だとか、すごいだとか。そういう言葉では表現しきれないような。

番組を見終わってから、なぜかボロボロと泣いた。

こんな日本人女性が、いるんだ。
しかも私とさほど年齢の変わらない人が。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀
第116回 瀬谷ルミ子 職業:武装解除


再放送は 【BS2】 4/27(月)16:40~17:30
       【総合】 4/28(火) 0:45~ 1:35


以下、NHKホームページ番組表より

[番組内容]
世界の紛争地帯に赴き、「DDR」とよばれる武装解除プロジェクトの最前線に立つ、瀬谷ルミ子(32)。傷ついた人々の心と向き合い、和平へと導く、その手腕に迫る。

[詳細]
世界の紛争地帯に赴き、「DDR」とよばれる武装解除プロジェクトの最前線に立つ瀬谷ルミ子(32歳)。紛争終結後、兵士から武器を回収し、彼らを社会復帰へと導くDDR。瀬谷は、これまでアフガニスタンなどでDDRに参加、その実績は高い評価を受ける。瀬谷は今、スーダンで、4年間で18万人を社会復帰させる史上最大規模のDDRに参加する。人々の「心の傷」と向き合い、和平へと導く、瀬谷の手腕に迫る
[PR]
by mizzypon | 2009-04-22 09:17

第10回 未来(とき)の旅クラブノートより


e0147092_8242954.jpg
◇毎日5つの「ありがとう」。
◇自分が環境を変えれば、相手が変わる。→実行してみて体感してきた変化。
◇春、若葉から元気をもらう。

◇野菜、食物を育てる。
 →田畑に微生物を飼っている、と考えてみる。
 →微生物が好むものを田畑に入れる。
 →田畑が元気になる。元気な野菜が育つ。それを食する人間が健康になる。

◇「かっこいい中年」

◇100%の実行=段取り50%+行動10%+片付け40%
  100%の成功=計画50%+実行10%+振り返り40%

  ×忙しくて、そんな時間は取れない。否、実はそういう行動が面倒くさい。
  ○忙しいからこそ、段取りができているかどうかが成功のカギ

◇道具・・・(かつては)自分で道具を作ったからこそ、それらの片付け方も知っていた。
       (現代は)何でも買うから、片付け方が分からない。

◇弁証法
◇営利と非営利の融合

◇「考える」ことを重視する文化と、「感じる」ことを大切にする文化が融合していく。
     ~未来を予見する5つの法則(田坂広志著・光文社)より~

◇気になる本・・・「仕舞える住まいの収納学~ゴタゴタ病根本治療の処方箋」(山口昌伴著・農文協)


  □□□ 未来(とき)の旅クラブ 旅人募集中 □□□

   *毎月一回、武雄市若木町にて開催中です。
   *現在、20代から50代の仲間でともに勉強中。 年齢の上限は問いません♪
   
   「日々の生活が忙しすぎる。」 
     ・・・忙しさの質を変えます
 
   「毎日の時間を、もっとうまく使いこなしたい。」 
     ・・・そのコツ、かならず身につきます

   「自分が何をしたいのかが分からない。」 
     ・・・したいことが見えてきます

   「未来に向けた夢がない。」 
     ・・・夢を持たずにはいられなくなります!(笑)

   「職場以外で仲間が欲しい。」 
     ・・・職種や性別を超えた「同志」が見つかります

    そのほか、いろいろ。 詳しくはこちらまで♪♪♪
  

    
   

[PR]
by mizzypon | 2009-04-20 08:25

わたしの楽しみ joy!

4月10日(金)は、長崎県波佐見町のモンネポルトへ。
わたしの楽しみ joy!初日。 
公演1本目を楽しんできました♪
e0147092_832193.jpg

感想を言葉にして表現するのは・・むずかしいかなー。
身体の中のjoy!細胞がムズムズ、ムクムク動いてたよ。

人それぞれ。
楽しみは、自分の中にあるもの。

人それぞれ。
楽しみは、自分が生み出していけるもの。


自分のココロに芽生えた気持ちを残しておきたくて
公演中も、メモ紙にいっぱい落書きした。

今みても、蘇る。
e0147092_8325479.jpg

立派に育ったキャベツ。 その中の、小さな小さな葉の一枚までもが愛おしい。
そしてそこには、すべての支えとなり、源となる芯の姿。

すべてに「答え」を求める教育。
すべてに「能率」を求める社会。
そんな現代社会に、疲れきった人たちに。

e0147092_8334344.jpg


影があるから、光が美しい。
苦しみがあるから、喜びが嬉しい。

死があるから、生が尊い。

今日、ここに生かされていることに ありがとう。


↓続 わたしの楽しみ joy! もアップしました。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-15 08:49

続 わたしの楽しみ joy!

4月12日(日)。わたしの楽しみ joy!最終日。
e0147092_90199.jpg

職種とか、肩書きとか、国籍とか。  
そういうことの前に、わたしは一人の人間なんだって。
そして誰もが、誰かから命をもらって、もしかしたら私もいつかは、誰かに命をつむいで。。

その命の糸は、だれかとつながってて、だれかともつながってて。
ずっとたぐりよせていくと、すべての糸はこんなにも繋がってて。

生きるってことは、人とつながることなんだなって。 そう思った。
e0147092_904679.jpg

わたしの中の、joy細胞。 夫の中の、joy細胞。 友達の中の、joy細胞。
会場のひとりひとりの、joy細胞。

感じたことはきっとそれぞれだった。 そしてそれが、とても心地よく共鳴してた気がする。

e0147092_91238.jpg


とても、とてもいい時間だった。    第6公演の概要は、こちらです。
[PR]
by mizzypon | 2009-04-15 08:40