<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

冬眠スイッチ


「みずぽんっていつも元気ね~」と言われるのは、春夏秋の話。
冬場に私の姿形を見られる方々はラッキーかもしれません。
洞穴生活が続きますから。
...というわけで、そろそろ冬眠スイッチが入りそうです。


「冬が好き♪だってお洒落できるじゃない?」という乙女たちへ。
残念ながらワタクシ、生まれ変わっても無理です。
Tシャツ&短パンの季節が一番好きですもの。

お洒落に無頓着な私が、冬は更にダサダサになります。
表面積が2倍増。くつ下?当然2枚履きですよ。
でもせめて伴侶に捨てられぬ程度に、身だしなみをば。
楽してお洒落な専属コーディネーター募集中(笑)←他力本願すぎ!

そんなワタクシの、伴侶。昨日は彼の誕生日でした。
ついに○十歳になりました。二度目の成人式ってやつですね。
けれど、昭和→平成のあの年で、彼には一度目の成人式がありませんでした。

「成人式に出れんかったから、俺はまだ子供だ」と言う彼。
そんな都合よい夫の、昨日の第一声は「こ、腰がいてぇ・・・」

おめでとう、オッチャン。
おめでとう、40歳。
おめでとう、オッチャ~~~ン!

いやいや、40歳も素敵ですよ。
年を取るってとても幸せでありがたい事だって思うんです。
平均寿命が50だったころの40と、
平均寿命が80になった今の40と。

ね?

段々と、綾小路きみまろさんのネタが、素で楽しめる世代に入っていきますが、
どんな状況であれ、今を大切にしていきたい。
そして気持ちはずっと若々しい夫婦でありたいものです☆



さてさて、ここ1週間。
PCに触りたくない病が再発中です。
私には年に数回、こういう波が訪れます(苦笑)。
こういう時は、すべての電子機器が嫌になります。
自分が触れているはずなのに、
何故か機械に操られているよな気分に陥るのです。
うん。やっぱり冬眠スイッチ、ですね。野生に戻りたい(笑)

とはいえ仕事やら何やらで全く触らんわけにもいかず。
ブログへのお返事が溜まってますが、どうか気長にお待ちくださいませ。
気持ちが春になったら、お返事スイッチもONになるはず(笑)
[PR]
by Mizzypon | 2008-11-28 11:04

妻害対策

男は自分の顔より
愛妻の顔に責任を持たなければならない


女の悩みを聞かされること、
それが男の最大の悩みである


女は、立ち話の達人であり、
立ち止まった所が喫茶店と化す

女は愛の確認を言葉で欲しがるが、
男は夕食のメニューで確認している

バイキングを食べた後、
男は美味しいというが、女は苦しいという?

冷蔵庫には女の本質が入っている

愛妻を叱るのは、サラリーマンの世界では
上司を叱るに等しい。 できるわけがない


これらの言葉を読んで、
笑える人もいれば、納得できぬ人もおられるでしょうね。

わたし、ですか? 目次を読むだけでも笑ってしまいます。
だって・・・頷くこと、多々ですから(笑)

我が家の本棚にひっそりと立てられている本の目次より、抜粋。

e0147092_973695.jpg


何故にこの本が我が家の本棚にあるのか、いつの間にココに居座ってたのか分かりません。どうやら、「結婚祝い」に夫が知人からいただいたもののようですが・・。

もうすぐ、結婚して丸3年。
さて・・我が夫は、このマニュ・あれ!?本を活用できているのでしょうか?(笑)

天野周一さん。 
偶然にも、友人が勤めている出版社の「おえらいさん」です・・・。 
あっはっは。 これもご縁、ですねぇ。

この方の本やお話、結構(いや、かなり?)おもしろいんです。
友人に誘われて、全亭協の講演会を聴きにいったことも(笑)。
楽しく面白く、家庭円満の秘訣を伝授してくださるお方です。

「亭主関白」ということばに、皆さんはどんな印象をもたれますか?
この続きは、こちらでどうぞ→
全国亭主関白協会
冗談のような活動に見えますが、参加者はいたって真剣なんです。
そこがまた、おもしろいところです。



家庭円満の秘訣は、物事をいかに笑い飛ばせるか。 そう感じるようになってきました。
辛いことや大変なことを笑い飛ばせる嫁でありたい。
そう。 例え「オニヨメ」だと呼ばれようとも・・・(笑)。

ちなみにワタクシ、最近はどうやら「寝言」ならぬ「寝歌」を楽しんでいるようです。
ついに、私の寝言が夫のイビキに勝ってきたのね。
「・・・♪♪m~、・・・♪mmmm~♪♪~・・・mmm~♪♪」

寝ても楽しい我が家に、乾杯~(^_^)♪
寝不足ぎみの夫は、惨敗~(;_;)♪ 

[PR]
by mizzypon | 2008-11-21 08:08

『言葉は 心を育てる母乳である』

2008年11月19日
「美しい心は 美しい言葉から生まれる」
講師:土屋秀守先生



昨夜の講演会メモより

言葉は 心を育てる母乳である

日本人の「心」の貧しさは インドの貧しさよりもひどい (マザー・テレサのことば)

人間は 言葉の動物である ~人間のみが 言葉を持って 人間となる~

義務教育の低下=大学生、社会全体の低下
Silent Baby・・・無表情、無感動な子供の増加
小1Problem・・・就学前の集団的トレーニングの不足(自由保育:のびのび保育の誤認

言葉の環境汚染

□□□□心は □□□□言葉から 生まれる
(優しい)
(強い)
(乱暴な)

言葉の増加が与える、心の変化 ~自閉症児童の例
言葉の世界と 心の世界は比例する

現代っ子 : 
見えるものは信じるが、見えないものは信じない
→見えないものを信じる(見る・考える)力を育てる必要性

殺語〔さつご〕 

日本人らしくない 日本人の増加
日本人は日本語でしか日本人にはなれない

一、コミュニケーション力
二、思考力
三、徳性、感性、情緒


精神的なBACKBONE(背骨)の欠落

9才半の節」・・脳科学による、学習パターンの切り替わり、境界
子供 : あらゆるものを先に脳に入れ、後で考える(理解する)
大人 : 先に考えて、理解できる(た)ものを脳に入力する

 Q)なぜ、9才半の節までに学びの機会を与えないのか? (大人の勝手な罪)
 例) 現在の学習指導要領による漢字の数
     小1で80字、小2で160字、小学6年間でわずか1006字
     →江戸時代の識字の高さ、世界における日本の識字率の高さとその低下
           与えることの害 VS 与えないことの害

「新聞配達」という日本文化・・かなりの国民が文字を読め、必要としている証
                  読める者は売店に買いに行く、という諸外国のシステム

文字となっている言葉を音読する、朗読する、黙読する。 
文語・口語。 文語をしっかり読むことの大切さ。

生地・・・横糸と縦糸の絡み合いによるつくり
人格・・・横軸(目に見える世界)と縦軸(目に見えない世界)の絡み合いによる成り立ち
     目に見えない世界をないがしろにしすぎてきたしわ寄せ、現代社会の諸問題


老 考 孝 ・・・ 漢字のなりたち

孤掌は鳴らず ~響き合う関係~ 
   教師と生徒、親と子、政治家と国民

子供の心の扉。その取っ手は内側にしかない。
こじあけようとしても、取っ手がなくては開かぬ。
自らが内側から扉を開いてくれるにはとことん、向き合うこと。

国際化 International
Inter + National (Nation) 
母国(母語)としっかり向き合うことなくして、国際化はなりたたない。
9才半の節までに、母語の確立を。 + Backboneの形成の必要性

早期英語教育の危険性・・吸収率の高いスポンジ状の脳で、流暢な発音は身につく。
             けれど、そこに思考力の確立ができるかどうか。 言語環境は?

語彙力の上に成り立つ、コミュニケーション力
国語力の低さによる思考力の低下



    □    □    □    □    □    □    □


昨夜の講演会は、学びのとても多い時間でした。
疑問に感じてきたこと、ハッとさせられたこと、すーっと心に染み入ったこと。
心の栄養になるような言葉も、いくつもありました。 感謝のひとときでした。

質疑応答の時間には、私が日頃から不安に思っていた件についての話もでました。

全国で「英語特区」と呼ばれるものが増え続けています。
その教育者をしっかりと養成するシステムは確立されぬままに。
「国際化」ということばに乗って、「英語」「英会話」が流行のように一人歩きしています。

その一方で、母語である「日本語」があまりにも軽視され続けている状況が続いています。
「学力低下」と叫ばれるわりには、この「日本語」「国語」に対する活動がなかなか強まらない。
小学生~高校生に接する中で、母語の語彙力不足を痛感することが多々あります。

そして私自身、便利な携帯電話や電子機器にかまけて、言葉をないがしろにしていることも。

そんな中、東京都世田谷区の「日本語教育特区」のお話がありました。
とても、とても素晴らしい活動だと思いました。
「英語話したい」 という中高生は五万といますが、そこでいったい「なにを」話したいのか、話せるのか。単なる憧れとしてではなく、「英語話したい」という志気へと導くには、やはり国語力が不可欠だと私は思うのです。

その点で、今わたしが取り組んでいる大小のこと。
よし、これでいいんだな、間違っていないのだなと、自身への励ましにもなった夜でした。
[PR]
by mizzypon | 2008-11-20 08:42

はがきが届く。

e0147092_13563758.jpg


昨日、ある方からハガキが届いた。
どの方からのお便りも、それぞれにとても嬉しいものだ。
そんな中でも昨日のハガキは、全く予期せぬ便り。
驚きと喜びの一枚だった。

言葉少なに綴られた文面だったけれど
気持ちが、充分すぎるほどに伝わってきた。

念ずれば・・とでもいうのだろうか?
こういう気持ちにさせてもらえるなんて・・・
はがき道に出逢えたおかげだなぁ

与えた相手からの見返りは期待せずとも、
不思議といろんなところを巡りめぐって
やっぱり自分にかえってくる。 そんな、実感。
感謝、感謝。

e0147092_13512116.jpg

ところで、佐賀市では今週月曜から
佐賀のえびす像記念切手が販売されている


恵比須像は佐賀市内に430体以上あるそうだ。
確かに、佐賀市内を歩けばあちらこちらで恵比寿さんを見かける。
その恵比寿さんの中から11体が選ばれて、記念切手に。 
こういうの、切手やハガキが大好きな私には、たまらなく嬉しい(笑)

来週は染色作家協会展を観に行く予定なので
その足で佐賀市内の郵便局にもでかけよう。



今日の写真は">『さつき晴れ・3の会場の様子。(会期は今月30日まで)
こちらにも、楽しい絵ハガキが沢山揃っています(^-^)♪♪
e0147092_13521126.jpg

[PR]
by mizzypon | 2008-11-19 08:14

芸術の秋 (催事のご案内)

『さつき晴れ・3』
期間:11/16(日)~11/30(日)
時間:午前9時~午後6時
場所:ギャラリー有田

e0147092_918448.jpg
前野さつきさんの個展。今回で3回目、昨日より開催中です。
焼き物(パスタ皿などの器類や一輪挿し、小物入れなど)
布製品(エコバックやエプロン) ポストカード(98種類)
絵本、携帯ストラップ、作品の原画(葉書サイズのミニ原画も)

                                      などなどなど・・・ 
「うふふ」「あはっ」「きゃ~カワイイ」・・・そんな作品がずらりと勢ぞろい。
まるでお祭り会場のような賑やかさの中、
さつきさんご自身も会場にて作品づくりをお披露目中(水曜は不在)です。
さつきさんについては、こちら→ ポルカドットHP

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

『第10回 黒髪山陶芸作家村 秋の窯開き』
期間:11/21(金)~11/24(月・祝)
時間:午前10時~午後6時
場所:武雄市山内町 黒髪山周辺

e0147092_9191178.jpg
幼い頃から慣れ親しんできた黒髪山。
その周辺で活動されている、大好きな作家さんたちの窯開きです。
どの窯元さんも、それぞれに個性豊かで見ごたえがあります。
それに、なんといってもステキなお人柄の方ばかり。
8つの窯のうち、2つの窯元さんのブログをご紹介しておきます(^-^)♪
* 桃林窯(とうりんがま) 『桃林窯 器こぼれ話
* いろえ工房 『いろえ工房日記


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

『第26回 佐賀県染色作家協会展』
期間:11/26(水)~11/30(日)
時間:午前10時~午後6時半
(最終日は午後5時まで)
場所:佐賀玉屋 ローズギャラリー

e0147092_9185412.jpg
佐賀は田舎だと言われることがほとんどですが、
芸術面で活躍しておられる方々は、実はかなり多いように感じます。
田舎だからこそ、おいしい空気の中で作品づくりに熱中できるのかもしれませんね。
ちなみに、この染色作家協会展には、私の身内も出品しています(笑)。
そうでなくとも毎年、見ごたえのある作品がずらりと並んでおりますので・・
お近くの方は、ぜひお出かけください(^-^)♪
[PR]
by mizzypon | 2008-11-17 10:03

全国マーチングコンテストに向けて

11月9日の夜、大和中学校と佐賀学園高校のマーチングを観に(聴きに)行ってきました。
千葉の幕張メッセで行われる「第21回全日本マーチングコンテスト」に
九州代表として出場します


マーチング。TVでは観た事がありましたが、目の前での鑑賞はこれが初めて。
会場には保護者の方々や学校の生徒たち、市民県民の方々・・・。
かなりの観客数が入っていて、準備されていた配布物が足りないほどでした(笑)。
ものすごい期待を背に、生徒の皆さんは今日も練習に励んでおられるのでしょうね~。


さて、本題のマーチングですが・・・ 

素晴らしい!!


この一言に尽きました! かっこいいんです、かっこよすぎるんです!
私のいとこの子も参加しているので、この成長ぶりには涙が滲んでしまいました。
(いとこも、我が子の成長に終始、涙目で・・・。そりゃ、そうじゃろー。)

プロの目(指導者の目)から見れば、まだまだ手直しが必要らしいのですが、
素人の私には、圧巻の1時間! すごい、すごい、すごーーーーいぃ!!

マーチングって、なんて凄いんでしょう。
だって、ですよ?

*楽器を演奏しながら
*しかも、団体で演奏をしながら
*歩きながら
*しかも、列を揃えながら

これらすべてを、同時にこなすんですよ? ものすごい器用さではっ???

人それぞれに得意なこと、不得意なことがありますが・・・
この分野は、私には到底無理な世界。何もない所でも平気でつまづく私です(苦笑)。
歩きながらジュース飲んでる人にさえ、「すごーぃ」と思ってしまうというのに・・・
楽器を持って歩けだなんて! だからこそ、尊敬の気持ちいっぱいでいっぱい。


(動画は佐賀学園の模様の一部。できることなら全編をアップしたかったくらい・・)

スポーツにしても、芸術にしても。
わずか数分だったり、わずか1枚のために
日ごろの努力の積み重ねがものを言うのですね。

本来、体育館は主に運動部が使用する場所なので
このマーチングの練習には、場所の確保がなかなか大変なのだそうです。
それに繊細な楽器を扱うため、練習中も移動にも、細やかな神経が必要だ、と。
生徒さんお一人おひとりの努力、指導の先生方のご尽力はもちろん、
それを見守っておられるご家族や周囲の方々の支えも不可欠のはず。
多くの想いが一つになって、コンテスト当日には大きく華ひらきますように・・・。


さすがに幕張メッセ(千葉)までは応援に行けないけれど、
23日は関東のほうを向いてエールを送るつもりです♪♪♪


[PR]
by mizzypon | 2008-11-14 08:30

節目

大学4回生の冬に亡くした家族の、十三回忌がもうすぐやってくる。
この十二年。早かったようで、長かったようで。

あの冬は、週末毎に関西と佐賀を夜行バスで往復した。
一人暮らしの部屋ではどうにも集中できず、恩師の家に
泊めてもらったりしながら卒論を書き上げた。
今読み返すと、なさけないほどの不出来だけれど・・・
あの時の恩師や友人達の支えには感謝してもしきれない。

身内を亡くし、私は卒業と同時に佐賀に帰ってきた。
そうでなければ、京都に残るつもりでいた。
たとえ、いずれは佐賀に帰ってきていたとしても。

そして最初の職場で、今の夫に出会った。
付き合いだしたのは出会ってから7年後の頃だったけど。
この人が自分の伴侶になるなんて、当時は想像すらしなかった。
ご縁とは、本当に不思議なものだ・・・。

e0147092_1110497.jpg


ここ数日、夫の調子がイマイチよくない。
年度下半期の五月病、といったところだろうか(苦笑)。
「がんばって」と言ってよい時と、そうでない時。
今は後者のような気がするので、なすがままでいこう。

昨夜は夫の話を聞きながら、ふと、自分達の姿を客観的に眺めていた。
赤の他人だった者同士が、同じ屋根の下にいる。
出会って12年。付き合って2年ちょっとで結婚し、結婚生活はもうすぐ丸3年。
イビキにもオナラにも慣れた(笑)。
でも、先日の鳥栖スタジアムの金婚式を見れば・・・
私たちはまだまだヒヨコみたいなものだ。
これからどれくらい、この人と寄り添っていけるのかな。

月末の十三回忌の法要には、亡くなった本人を知らぬ、この夫も席につく。
どれだけ思い出話をしてみても、夫には想像でしかわからない世界。
けれど、この故人の命日は、私たちの結婚記念日でもある。
そうさせてくれた夫に、こころからの感謝を。


こうして一日一日を平和に暮らせていることが、どんなにありがたいことなのか。
日ごろは忘れがちな気持ちだけれど、節目ふしめに、そのありがたみを感じる。

e0147092_111342.jpg


最近、自分の荷物の整理をはじめた。
死を意識しているわけではないが、していないわけでもない。
命よりも大切なものだなんて、きっと存在しない。だからこそ、物は減らせるというもの。
いつ何があっても、夫に迷惑のかからぬようにしておきたいし、
数年に一度くらいは、こういう時間を設けるのもいいもんだと思う。

引越しを意識して片付けをすれば、荷物が減るという。
でも自分の最期を意識して片付けをすれば、さらに荷物が減る。

・・・あ。マイナス思考になっているわけではないので
くれぐれも、心配はならさず(笑)。

この冬は、色んな意味で、自分にとっても節目になる気がする。




 追伸: コメント欄はしばらくお休みにします。

[PR]
by mizzypon | 2008-11-12 11:06

♪イボイノシシのオナラは・・・♪

e0147092_16455897.jpg

e0147092_16455846.jpg

e0147092_16455853.jpg


奥行き80センチ、幅約2メートル。
狭いベランダながらも、お陽様の恵みをたんと浴びてる。
ベランダ菜園の水菜やサラダ菜も、
洗濯物と一緒に日光浴?
今日はあいにくの雨だけど、育ちはぼちぼち順調。
少しずつ、もぎっていただく。
でも、野菜の成長より私のつまみ食いが早い(笑)
別にも時差式で種を蒔いて、ベビィリーフを楽しみ中。
ひょっこり出てくる芽が、かわいいんだな~♪

野菜の端っこも、食卓でさりげに成長中。
何故だか私、なんでも顔に見えちゃう(笑)。

この週末も行きたいところや、やりたい事がいっぱい。
けれど今日はしたい事を我慢して。
珍しく(?)家で主婦業に専念中(^_^;)。

最近、手付かずだったキッチンや押入の収納整理。
午前中からじっくり時間をかけた。
徐々にスッキリ。(・ω・)/

BGMには劇団四季のライオンキングを。
こんな日には『ハクナ・マタタ』がいい(笑)

♪♪♪
心配ないさ~ この世のことは~
悩み ケトばす 生きかた~
ハクナ・マタタ!
♪♪♪

イボイノシシのオナラは本当にくさいんだろか?(笑)
プンバァは、やっぱりにくめないキャラで好きだ。

そういや、先日の猪突猛進。
昨日ようやく車の修理が完了した。
その修理代・・・なんと15万を超えたと(汗)
保険がきいて、本当によかったばい!


ライオンキングの中では『One by One』も、とても好き。
今日はこれ、オバマさんを想う歌に聴こえてくるなぁ(^-^)

劇団四季のライオンキング。
以前、福岡公演を2回観に行った。
『愛を感じて』を聴きつつ空想にふけったことを思い出す。
そして今、また福岡にきてるのよね☆
行きたいなぁ~~~。行きたいっ!

『愛を感じて』くれてるんかどうか分からないけど(笑)
今夜あたり、オット様に聞いてみよっかな m(u_u)m
[PR]
by Mizzypon | 2008-11-08 16:45

実は、優しいのよね。


ん? なんだよ、オマエ・・・
e0147092_1232744.jpg
                  気安く、オレに触んな! 


なんだ? テメエ、やるってぇのか? 
ゴぅラゥアァァァー!! 
     ・・・・¥&#*▲!---∞$●?・・・!!

e0147092_1211635.jpg
おらおらー、かかってこいよ! 

        なに ヒトの顔見て笑ってんだ? 

おめぇから ちょっかい出してきたんだろ?

オレはなー、ヘラヘラしてるヤツが
でぇっっ嫌えなんだよーーー。

  

 くらえーーーーー!

e0147092_121150.jpg
 パパパ パーーーーーンチ!!!


     

   ・・・・・あ・・・・・



e0147092_1203696.jpg



  ・・・・・・ごめん・・・。 強すぎた? 

   ごめん・・・。
               マジ、ごめん・・。


・・・はぅあ~・・・。 
          また、やっちまった・・。
                   すまねぇ・・・。


e0147092_120475.jpg


   しょぼーーーーん。。。。

     ・・・・・・・・しょぼーーーーーん。。。。。

e0147092_120410.jpg
・・・しょぼおぉぉん・・・





   ・・・・・ えっ ?? ・・・・
e0147092_12263675.jpg
 
        許して  ・・・ くれんのか・・・ ?

すまねぇ、オレも悪かった。 

 許してくれ。

e0147092_120191.jpg

侘びのしるしに、オレの手袋をやっからよ。
 
寒くなってくっから、風邪ひかねぇよぉにな。


        じゃ、あばよー。 






 ◆◆◆ memo ◆◆◆

もくずガニ(藻屑蟹):日本のほぼ全域で見られる蟹の一種です。
このあたりでは「ツガニ」や「ツガネ」と呼んだりしています。
昔は武雄市のあちらこちらの川でも、多く見かけられていたようですが
最近は・・さて、どうなのでしょうね? 
今回は川底網でゲットーー!・・した実家から(笑)、うちにもおすそ分けが届きました♪

鋏(はさみ)のところにはえている毛が藻屑のようなので、この名がついたそうな。
これを手袋に見立てて、英語ではMitten Crabと呼ぶそうですよ(^-^)。

ほとんどを美味しくいただいちゃいましたが・・・
2匹は現在、実家の水槽にてペットにされておりまする・・・(笑)。

[PR]
by mizzypon | 2008-11-06 13:02

目から芽が出たっ!

e0147092_834211.jpg

e0147092_834237.jpg


まるで、宇宙人が地球の緑地に降り立って、
ウハウハの舞でもやっているかのようですな。

先日の三樹まいりにて、
道すがらに見つけた「こけっち」たち
そのまま持ち帰り、この子たちの住処は
グラタン皿になりました。

今朝ふと見たら、目に見立ててくっつけてたものから
なんと!芽がでてるじゃありませんか(=^▽^=)
これからどうなるんだろ。楽しみです(・ω・)/

根性米ならぬ、苔むし米を育ててみるかな?
滑稽(こっけー)な試みかしら?

今日も発見楽しい1日をお過ごしあれ~('-^*)/
[PR]
by Mizzypon | 2008-11-06 08:03