<   2008年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ボランティアの意義

「ボランティア」という言葉がよく聞かれる世の中になった。
このボランティアについて最近疑問に思うことがある。

ボランティアは・・無償であるべきか、否か。

ボランティアの概念は皆、一律ではない。
「自発的に」という点では一致しているだろうが、それ以外の点では捉え方が様々である。

私自身、20代に入った頃からいくつかのボランティア活動に携わっている。 
活動を続けられること、家族の理解、活動を続ける中で得た様々なご縁に深く感謝している。
とはいえこの10年。得たことも多ければ、悩んだことも多い。
結果的にはすべてが自分の成長の糧となっているはずだが・・・。
e0147092_1422652.jpg

わたしはこれまでずっと、無償派の考えでいくつかの活動を続けてきた。
有償であったとしてもそれは、交通費や通信費をいだだくのみで、実質的には、無償ばかりだ。

でも、ここ1年ほど
「ボランティアは無償であるべきだ」という考え方は正しいのか?と自身に度々問うている。
なぜなら、ボランティアを安価な労働力だとみなすような場面に遭遇することが増えたからだ。


人間は誰しも、「はじめに自分の生活ありき」。 
マザーテレサのように生きられる人は、それが理想の姿であっても・・現実にはそうそういない。
自分の生活の中で。細切れ時間を使ったり、金銭的な部分をうまくやりくりしながら
自身に支障のない範囲で行うのがボランティア、のはずである。

なのに最近・・・本末転倒では?こちら側の意思は? と思わせてしまうような、
少々強引な活動要請が目につくようになってきた。

たとえば何かの活動を始めようと、ボランティア仲間を募る時。
行政からのボランティア要請を受ける時。
ボランティア団体に寄せられる様々な活動依頼に耳を傾ける時。

行政に関していうならば・・・
要請をする側は仕事の一環としてその活動を起案し、ボランティアメンバーを募る。
(当然ながら、ここは有償である)
たとえばその時、参加者が自らの仕事の時間を削って参加しなければならないような場合。
そしてその仕事がたとえば時間給のような給料形態だった場合。

ボランティアメンバーとしてその場に参加するならば当然ながら自分の生活給は削られる。
(ということは生活給減少とボランティアで、二重の無償だとみなしてよい)
だからここでは、ボランティア要請に対する「YES」or「NO」の意思の余地が与えられて当然のはず・・・
ボランティア要請をする側に・・・そういった考慮があっての行動ですか?と問いたくなることがある。

「あの人はボランティア好きだから、頼めば何でもやってくれるよ」・・・って、それでいいのかな。
ボランティアを募ることにたいして、ちょっと安直すぎやしないかな。
「ボランティア=暇人」とは違うよ?
意思表示の余地を許さないような、少々強引な要請。  はて、これはどうしたものか・・・。

運営面からみてもボランティア参加者の意思の面からみても
うまく物事が流れていて、かつ、今後もその継続的な見込みがあるような、
そんな団体にノウハウを習うべきだな。 有償ボランティアの実情についてもっと知るべきかな。
自分が関わるところも、そういう点では転換期かな。 ・・と、そんなことを感じている。
e0147092_1453142.jpg

行政については、負債だの赤字だの、誰が見たって苦しさがわかる世の中だから・・・
市民の力で、ボランティアの力で物事を進めていけたらそれが一番であることは、重々わかる。
しかし、そういう状況だからこそ参加者の「意思」あっての活動になっているかどうか
という点を常に感じ取っていてほしい。 ボランティアに集う者は、行政の下請け会社でもなければ、
「はい、これをやりました」という、行政の実績づくりのための動員候補でもない。

心の通い合い、互いを感謝しあう気持ちが感じられるならば、ボランティアは進んで喜んで、集まってくるものだろう。

そこに参加者の「意思」があるならば、「自発性」があるならば、
もう放っておいてもその活動は多いに実を結ぶはず。
実際に、そういった活動だって現存しているから、そこは行政側の働きかけがうまかったのだろう。
「ボランティア」にも様々な形があることを、十把ひとからげでは長続きせぬことを、知っておられるのだろう。


最初は「誰かの役に立てるのなら・・」「自分にできることがあるなら・・」
といった気持ちで取り組みだすもの。
しかしながら、段々と活動の年月を重ね、活動の幅が増えてくると・・
自分の生活の中でボランティア活動時間の占める割合がけっこう膨らむものだ。

そうこうするうちに「私はなんで、こんな嫌な思いをしてまで活動を続けているの?」と
自問自答をしたりする。 私にも、そんな時期があった。
家族に「そんなに悩みを抱えてばかりなら・・もうボランティアは辞めてくれ」と言われたこともあった。
(今は家庭を第一に取捨選択できる環境なので、そんな気持ちになることは滅多にないが・・)


ボランティア活動ができる、というのはある意味、
自分の生活に(金銭的にも生活時間的にも)少々の余裕があるからこそ。
いや・・なくてもやれる!という人もいるだろう。 けれども、自分はその類ほどの人間ではない。

好きだからこそ、なのである。 やりたいからこそ、なのである。 
だからこそ、無償だとわかっていても・・・自分の時間を、労力を注げるのである。

そこを汲み取る努力、そして輪っかに結びつける努力。 
「ボランティア」を要請・養成したいのであれば、行政は、このことにこそ力を注いでほしい。
そうでなければ、ある程度の有償をもってならば少々強気な要請も通用する、と思ってほしい。

好きだからといって、無償でやれるほど潤っている人ばかりではないことを分かってほしい。



 今日の写真  
1枚目:若木の大楠のたて看板に生えていた、まるで鳥のような葉っぱ。
2枚目:某市のコミュニティバスの一角。傘の貸し出しも、ボランティアの一つね。
   このコミュニティバスは1回百円。 乗り継ぎ券を提示すれば、百円のまま次のバスにも乗れる。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-30 13:39

takeo de take wo tatake take!

はて? この板書は・・・いったい、なんだ?
e0147092_21415286.jpg


ん? ひご? むむむ?
e0147092_21403837.jpg
よくみると・・角形がみえますぞ? お星さまも見えますぞ?

おおっ! 青がいっぱいだ~。 いったい、なにごと?
e0147092_2212678.jpg


ほほぉ~。 がなにやら・・・組まれているぞ?
e0147092_2265355.jpg


ん?なにやら・・角形っぽい? お星さまっぽいのも??
e0147092_2141284.jpg


なんだ?  なんだ?  こりゃ、なんなんだ?
e0147092_21422769.jpg



正解は・・・



ジャーーーーーン!

e0147092_22511825.jpg



竹の活用ワークショップに行ってきました。
終日参加の予定をしていましたが、都合により午前中の見学のみで。
それでも、いろいろな収穫のあった2時間でしたよ!
2メートルのを30本使って作られた、巨大な星の結晶! 
最後の1枚・・なんとも不思議で、美しいでしょう(^-^)♪


午後からはを使った音楽のワークショップ(その名も「たたけたけ!」)と
スライドレクチャー「の建築、の音楽、の幾何学」も行われたようです。
午後の報告はこちらのブログにて(^-^)♪


タイトルの「たけおでたけをたたけたけ!」
・・・オヤジギャクそのものですが・・・(汗)。
高尚なオヤジギャクなんです。 よね?師匠?(笑)
このかけ声で始まった、今日のワークショップなのでした~。


あら? このかけ声って・・・回も笑顔になれますよ?
「 た『け』お『で』 た『け』を たた『け』 た『け』 」  ね? 

今日のキーナンバー、角形の「」にちなんで、笑顔も回!いや、倍!? 
武雄ゴー! ゴー!                 ・・・おそまつ(汗)  
     
[PR]
by mizzypon | 2008-06-28 23:08

力をくれる人。

力をもらう。
笑顔をもらう。
元気をもらう。

私は・・・誰かの、力や元気になれているかな・・。
e0147092_2122442.jpg

「99の苦労があったって、1つの喜びがあればね・・そのために生きていけるんですよ」
力強い声色と美しい笑顔で、貴女はそう言った。 そういえるだけの生き様の人。 
どれだけの肩書きを持つよりも・・彼女の生き様が、なによりの力。

苦労を乗り越えてきた人は・・・真の強さを持っている。
私はまだまだ、ヒヨッコだなぁ。

大切なのは、自分の身の丈を知ること。
そして、自分自身を信じること。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-27 21:49

写す、移す、映す。

e0147092_230227.jpg

「怒り」のカテゴリを選んだものの・・たいして怒っているわけじゃないんだ(笑)。
でも今夜の始まりは・・・まぁ、転載防止っていうネガティブなスタートなんだな。

知らないうちに、自分のブログの写真が全く知らない別の場所で使われていた。
気に入ってもらったからこその結果だろうし、私はプロの写真家でもなんでもないから
いちいち目くじら立てるほどのことじゃない。・・のかもしれない・・・。

でも、やっぱり一言くらい。 ね。

私は他から写真を引っ張ってくることは滅多にないし、あるなら必ず当人に断りを入れる。
そして何処から転載しているのかを、きちんと記す。
フリー素材であっても、一応コピーライトに関する文面があれば、それを読んでから使う。

こういうのって、ネット上の最低限のマナーだと思うのよね。

でも今回の一件で・・・ ブログっていうのは、すごい無法地帯なんだなって強く感じた。
どこでどう使われていようと、何かのきっかけがない限り自分がそれを知ることは難しい。
赤の他人があたかも自分の写真のように使っていたとしても、知る術はほとんどない。

アナログな時代はネガがあるかないかの世界だったけれど
今じゃEメール一本で世界の裏側まで写真を届けられる。 逆をかえせば・・・、ということ。


私の場合・・・今回はキーワード検索で、偶然みつけたのだけども。
怒りというより、唖然ってかんじだったなぁ。 
あぁ、ネットの危険性って・・案外こういうささいなことからだよね・・って。

e0147092_2302795.jpg

というわけで今夜から、写真にブログタイトルを入れてみることにした。
だからって、タイトルごときがどう効果を発揮するのか・・よく分からないんだけども(苦笑)
しかもこんな文章で、お気に入りの写真を汚しているようで、イイ気分ではないけれど・・

今後のために、記しておこうと思う。


で、本題。ブログタイトルを入れるっていうこと。
やってみたら・・・これがなかなかおもしろい!

色、文字の大きさ、配置。 

いつも自分なりに気に入った写真をアップしているものの・・
この文字が写真を崩してしまわないように、
それでいてちょっとしたスパイスになるように・・ うん、なかなか難しいゾ。


ところで数日前。 友達がおもしろいことを言った。
「プリンタならシアンとイエローが大活躍ね!」・・だって。

・・・・ん? あぁ、なるほどね。 
確かに、振り返ってみれば緑色の写真がとても多いデスね。 
やっぱり私、自然が好きなんだろうな。 意識してても、無意識のうちでも。



昨日の午後はNPO法人循環型たてもの研究塾の事務所で、
小一時間ほど土いじりをさせてもらった。
簡単にいえば、佐官さんがやっておられる土壁塗りを・・・
ほんの、ほんの、ほ~んの少しだけかじらせてもらった、ってなところ。



えっと・・・土色を出すには、ブラック・シアン・マゼンタ・イエローの・・
いったいどれが一番多く要るのかしら?


 もうしばらくしたら・・・もしかしたら・・・、いや、きっと・・・・
 緑色のネタから、茶色のネタが増えてくるかも(笑)





あら、結局は「怒り」カテゴリよりも「楽しみ」で終わっちゃったわね~。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-26 23:55

はちっこ。

しゃきーん!  よっこらしょ。  おっとっと。
e0147092_14303856.jpg

刺されんのはかなわんよ、なぁ。 
   でも・・・子どもってのはみんなかわいいもんだねぇ。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-26 14:34

好きな気持ち

理由なんかないんだね。
だけど、やっぱり好きなのね。
とっても好きなのね。

「逢いたい」って そう思ったときに、すぐに逢えるばかりじゃないね。

近くにいても、なかなか逢えない人。
遠くにいるけれど、結構コンスタントに逢えている人。

いろいろ。

逢えることが一番うれしいけれど
逢えないってことに切なくなるばかりじゃ、辛いよね。
e0147092_7565659.jpg

逢いたいって思う、その気持ちを大切にしよう。

そして
逢えなくても つながっているってこと。
信じよう。
シアワセを感じよう。


ときには、葉書なんて出してみたら どうかな?

葉書。 葉。 葉脈。 ・・・ね、つながっているでしょう。




そして
逢える日にはいつもの、とびっきり素敵な笑顔でね。
一緒にすごせる時間を 大切に、ね。




応援しているよ。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-25 08:59

お茶コンvol.5 北村尚志アコースティックライブ

e0147092_1324924.jpg
昨日もすてきな笑顔に、とても伸びやかな歌声。
聴いているだけで自分の声帯まですんごく開いているかのような気持ちになれてシアワセ。
客席との距離がとても近いので、目の合う回数が多いのも魅力的(笑)。 どきどき。

初めて北村さんの歌声を生で聴いたのは・・・もう10年以上前になる。
当時、ヒーマンさんがやっておられたビアーズのピザが大好きで、時々行っていて。
その店内のステージで聴いた北村さんの声が、すーーーっと心に染みてきた。

昨日は北村さんのお誕生日が近かったこともあって、最後に花束を渡されたお客様も。
ここでまた、満面の笑みが登場! 笑顔のすてきな人っていいなぁ!爽やか~。
そして年齢・・・何度聞いても信じられなーい。 とても、お若いのです。 
というか、年々若返っておられるような気がするのです(笑)。 歌って、やっぱいいもんです。(^-^)


このところずっと雨天続きだったのに・・
e0147092_1331023.jpg

北村さんの歌声が天まで響いたんだろうか、青空が見えてきた。
そしたらタイムリーに、大好きな『青空』を歌ってくださってますますHAPPYに♪


このお茶コンは佐賀市大和町のマザーズ農場にて毎月開催。
4月に行ったときの模様は、こちらにて。
手作りケーキとドリンクつきで1500円。 いいでしょ?
北村尚志さんの澄んだ歌声にたっぷりひたれる1時間半~2時間です♪
ランチタイムから参加も出来るそうなので、今度こそランチを食べてみよう(^-^)

お問い合わせはマザーズ農場さん(0952-62-6700)へ。
佐賀賀市大和町佐賀大和インターを南へ200m。
当日直接行かれてもOKですが、予約電話を入れられたほうが喜ばれるでしょう♪

ヒーマンさんのブログに、いい笑顔がいっぱいアップされてます(^-^)

e0147092_1333287.jpg
↑マザーズ農場の天井に、いっぱいひろがるパッションフルーツのツル。
その実りがあちこちに。 パッションフルーツ・・・久しぶりにパブロバを食べたくなった!
オーストラリアやニュージーランドの伝統的なデザート「パブロバ」。
メレンゲに好みのフルーツの乗せるんだけど、そこにかかせないのがパッションフルーツ。
酸味の強い果物なので得意じゃない方もいらっしゃるかもしれないけれど・・
パブロバには欠かせない味。 私はこの酸味が大好きなのだ♪

お店の方いわく「お客様の頭上で、落下は危険なので早めに摘んでいます」とのこと。
あぁ、落下しそうなときは私を呼んでください! すぐさま受け止めにまいりますから~(笑)






◇◆◇ memo ◇◆◇

チャリティーライブ2008『HOME』~誰もが笑顔になれる場所~
“世界の子供たちにワクチンを送ろう”

◇日 時:2008年8月2日(土) 正午12時 開始(予定) ~ 午後6時45分(予定)

◇会 場:佐嘉神社内特設ステージ ※入場無料(当日は会場内に募金箱を設置)
集まった募金の全額は、世界の子供たちに「ポリオ(小児マヒ)」 を中心とした感染症の
ワクチンを送る資金として、関連団体に 寄付させていただきます。

◇出 演:千綿偉功、AMADORI、北村尚志、浜根浩司、シゲル、 がーすけ、
SKUNK SHOT BOOSTER、野副一喜、 マエダケンタロウ、江口宣弘

◇主 催:『HOME』実行委員会
◇お問合せ:まる屋 佐賀市中央本町5-6 【TEL】0952-26-8866
          

[PR]
by Mizzypon | 2008-06-23 13:50

根性(こんじょう)、今生(こんじょう)、来てるぞう。

e0147092_21232795.jpg


念願かなって『農のある暮らしのデザイン塾』に参加してきた。
昨日の内容は土壁米の三年目の挑戦。  この土壁米、別名は根性米
こう呼ばれる由縁はスタッフさなえさんの記録にあるとおり
命がつむがれていくってこと。 シンプルに、深く、心に響く物語が広がっている。

実は私の本名は、稲の穂ととてもつながりのある名前。
そんな意味でも、昨日のひとときはなんとも言えない幸せな時間だった。

途中からあいにくの雨(しかも土砂降り)に見舞われたものの、無事に手植えが終わった。
田んぼのぬかるみにニヤニヤ、稲への想いにワクワク、根を傷つけないように・・ドキドキ。
こんな不安定な水田の中に根をはって成長するのか・・・
そう思うたびに湧き出てくる、生命力への感動。

根性米にあやかりたく、写真をいっぱい撮ろうとはりきっていたが・・・
気がつけば、あっという間に泥んこになっている自分。
カメラを手にするのは不可能な状態で・・・(笑)。

とりあえず記憶が新鮮なうちに、と、さきほどちょっと絵を描いてみた。
e0147092_2165691.jpg
15人の参加者だったので、実際はもっと沢山のよかおとこ&よかおなごがズラリ(笑)と並んだ。
それに、子供たちのはしゃぎようといったら♪ 私もあの泥んこワンパク隊に混じりたかった(笑)
この数週間は田植えシーズンだが・・・機械植えが大半になった現在、こんな光景はなかなかない。

自分の名に恥じないよう・・稲穂が実る秋までまた、日々是精進したい。
そんなことを思いつつ、植え終わった苗に両手を合わせて、田んぼをあとにした。



ところで。 以前、imakokoさんのブログにあった
「今、おしゃれな『野良着』が、密かなブームになりつつあるらしい」という話を記憶していたので
昨日は意図的に赤いパンツルック+ブーツ似の田植え長靴を履いて行ってみた。

結果・・・土砂降りの雨に泥まみれ、たいして意味はなかったけれど(笑)
この苗のおかげで、もしも芸能人になるならば・・の妄想が広がった。
芸名は、もちろん「コンジョウマイコ」です♪
漢字で書くならば・・・「今生マイ子」ってとこでしょうか。
チャームポイントは、土が似合う田舎くさい笑顔です♪♪


とかなんとか。 しばらくは大人しくしておくつもりだったのに・・・
初参加の昨日から、妄想癖が会員の方々にばれてしまった。 ま、それもよかたい(^-^)
e0147092_21501581.jpg
 ↑雨の日の大楠。 晴れた日の、青空とのコントラストはとても美しいが、雨の日もいい。
木肌がいつにもまして、なんだかとても深い生命力を秘めているようにみえてパチリ。




この後、別の仲間と合流し、江北町でキャンプ。
こちらもあいにくの雨だったけれど、バンガローで12人わいわい盛り上がった。楽しかった!
e0147092_22104444.jpg
バンガローのテラスからの夜景。  少ない明かりも、なかなかいいもんだ。

昨夜から100万人のキャンドルナイトが始まった。我が家にも大きいキャンドルを用意した。 
さて、このキャンドル・・今年は何夜ぐらい登場できるかな?
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-22 22:33

祈ること

  
  望んでも 叶わないこと。
  
  だけど

  望まずにはいられないこと。
 
e0147092_22341234.jpg


  知って よかったのか。

  知らないほうが 幸せだったのか。


    考えても、考えても


  祈るしか、私には術がない。



    だから どうか
   
         祈りよ、 届け。
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-20 22:43

切手のお話

e0147092_1443577.jpg

昨夜、お礼状を十枚ほど書いて切手を貼りました。
並べてみたら美しかったので、投函前にパチリ。

メールか電話でもよかったんだけどね。
感謝の気持ちを文字にすること。
書く者にとっても、なかなかいいもんです。


自分が手紙をもらう時。
楽しみのひとつは、切手眺めです。

自分が手紙をおくる時。
楽しみのひとつは、切手選びです。


隣町だろうと、北海道や沖縄だろうと、葉書一枚50円で。
当たり前のように50円切手を貼っているけれど…
いったい何人の手のおかげで、相手まで届くのかなぁ。

e0147092_1412189.jpg


病室に、私からの葉書を飾ってくれてる人が います。
彼の身体は、日に日に元気をなくしていってます。
でも葉書が届くのを楽しみにしてくれているそうです。

今週末は田植えに参加します。
imakokoさんの「わら一本の革命」に深く感動しました。
ひとつの芽から始まった、その生命力にあやかってきます。
いい写真を撮って、そのエネルギーを病室にも届けたいな。


さてと。 
いってらっしゃ~い、今日の葉書たち♪
[PR]
by Mizzypon | 2008-06-19 14:04