肥前浜宿(佐賀県鹿島市)

春繚乱 花と咲け 假屋崎省吾 肥前浜宿酒蔵通りに挑む」が開催されています。
e0147092_848075.jpg

昔から続いている酒蔵通り。なんともいえない町並みです。
元気のいい小学生があちこちで案内役をかって出てくれます。地元愛、いいですね~。

清酒の仕込みを終えて間もない、蔵の中。 見学させてくださるところもありました。
e0147092_848494.jpg
写真では分かりづらいですが、この蓋の下に深さ4~5メートルほどのデッカイ壺(?)が。
お酒好きには「溺れてみたい」と思わせる場所?・・・でも、這い上がるのは不可能(笑)。
現役で頑張ってる道具類も、じっくり眺めてきましたよ☆

はい、どどどどーーーーーーん。 二升五合が入っちゃうという、どでかい瓶!
e0147092_8483054.jpg
二升五合・・・升升(ますます)半(繁盛)で縁起よく、商人さん達の祝い品に贈られていたそう。
でも・・・いったい、どうやって抱えていたのでしょう(笑)

各酒蔵の中では、さりげなく様々な催し物もありました。通りには細かい案内板は出ていませんでしたが、絵画展だったり、昭和のお部屋(かなり懐かしい品々のオンパレード!)だったり。
e0147092_953210.jpg
まるで宝探しのようで、ワクワクしながら散策してきました。

明日(3/29)には、この界隈で「花と酒(咲け)まつり」も開催されます。
NPO法人肥前浜宿水とまちなみの会が中心となって、2002年に始められた町おこしイベント。
私はこの第1回目に訪れました。呉竹さんの東蔵にて中国音楽を聴きながらのほろ酔いコンサートへ。
アメリカの姉妹都市から訪問していた女性を連れて、週末のホストファミリーデーにでかけました。
そして2006年5月にも「北村尚志ほろ酔いコンサート」へ。

酒蔵の中のコンサートって、なんともいえない雰囲気に包まれて、なかなかのものです。
明日のコンサートは、かなり盛りだくさんな内容のようです。
*沖縄三線、ギター *ギター弾き語り *アコースティック *フラダンス 
*ジャズバンド *ロック *エレキバンド

酒蔵通りからは少し離れていますが、田雑商店もオススメ。
以前から何度かこのブログでも紹介してきたtiki tikiの作品はじめ、
飛鳥工房さんや色んな方々のイラスト展示もあります。
この田雑商店の漬物蔵では「かしまんにわか一座 はっぴぃ かむかむ」さんの、
かしまんにわかも予定されています。
3/29(日) 3回公演。 10時30分~、 13時~、 15時~ 、入場料は各1000円。

さて、酒蔵通りに戻ると・・土壁の蔵(倉庫?)を上手に活かした、こんなスペースも。
e0147092_8491367.jpg
実際に使われているのかどうかはわかりませんが、こんな場所で呑むお酒もおいしそう♪

・・・って、実はわたし、お酒は呑めないんです
私を知ってる人は皆「イケルくちに見えるよ!」とおっしゃいますが・・・、本当に呑めませんッ!
(でも、酔いの席の雰囲気は大好きです。ウーロン茶でも充分、その場に馴染めます(笑)。)

通り沿いや、酒造の中に試飲コーナーが準備されていました。
何箇所もありましたので・・きっと、試飲だけでもかなり酔えます(笑)。
お酒好きな方にはかなりおすすめですヨ。 (くれぐれも、飲酒運転は無きように!)
[PR]
by mizzypon | 2009-03-28 10:11


<< ふるさと探訪記 捨てる勇気 + 見極める力 >>