妻害対策

男は自分の顔より
愛妻の顔に責任を持たなければならない


女の悩みを聞かされること、
それが男の最大の悩みである


女は、立ち話の達人であり、
立ち止まった所が喫茶店と化す

女は愛の確認を言葉で欲しがるが、
男は夕食のメニューで確認している

バイキングを食べた後、
男は美味しいというが、女は苦しいという?

冷蔵庫には女の本質が入っている

愛妻を叱るのは、サラリーマンの世界では
上司を叱るに等しい。 できるわけがない


これらの言葉を読んで、
笑える人もいれば、納得できぬ人もおられるでしょうね。

わたし、ですか? 目次を読むだけでも笑ってしまいます。
だって・・・頷くこと、多々ですから(笑)

我が家の本棚にひっそりと立てられている本の目次より、抜粋。

e0147092_973695.jpg


何故にこの本が我が家の本棚にあるのか、いつの間にココに居座ってたのか分かりません。どうやら、「結婚祝い」に夫が知人からいただいたもののようですが・・。

もうすぐ、結婚して丸3年。
さて・・我が夫は、このマニュ・あれ!?本を活用できているのでしょうか?(笑)

天野周一さん。 
偶然にも、友人が勤めている出版社の「おえらいさん」です・・・。 
あっはっは。 これもご縁、ですねぇ。

この方の本やお話、結構(いや、かなり?)おもしろいんです。
友人に誘われて、全亭協の講演会を聴きにいったことも(笑)。
楽しく面白く、家庭円満の秘訣を伝授してくださるお方です。

「亭主関白」ということばに、皆さんはどんな印象をもたれますか?
この続きは、こちらでどうぞ→
全国亭主関白協会
冗談のような活動に見えますが、参加者はいたって真剣なんです。
そこがまた、おもしろいところです。



家庭円満の秘訣は、物事をいかに笑い飛ばせるか。 そう感じるようになってきました。
辛いことや大変なことを笑い飛ばせる嫁でありたい。
そう。 例え「オニヨメ」だと呼ばれようとも・・・(笑)。

ちなみにワタクシ、最近はどうやら「寝言」ならぬ「寝歌」を楽しんでいるようです。
ついに、私の寝言が夫のイビキに勝ってきたのね。
「・・・♪♪m~、・・・♪mmmm~♪♪~・・・mmm~♪♪」

寝ても楽しい我が家に、乾杯~(^_^)♪
寝不足ぎみの夫は、惨敗~(;_;)♪ 

[PR]
by mizzypon | 2008-11-21 08:08


<< 冬眠スイッチ 『言葉は 心を育てる母乳である』 >>