節目

大学4回生の冬に亡くした家族の、十三回忌がもうすぐやってくる。
この十二年。早かったようで、長かったようで。

あの冬は、週末毎に関西と佐賀を夜行バスで往復した。
一人暮らしの部屋ではどうにも集中できず、恩師の家に
泊めてもらったりしながら卒論を書き上げた。
今読み返すと、なさけないほどの不出来だけれど・・・
あの時の恩師や友人達の支えには感謝してもしきれない。

身内を亡くし、私は卒業と同時に佐賀に帰ってきた。
そうでなければ、京都に残るつもりでいた。
たとえ、いずれは佐賀に帰ってきていたとしても。

そして最初の職場で、今の夫に出会った。
付き合いだしたのは出会ってから7年後の頃だったけど。
この人が自分の伴侶になるなんて、当時は想像すらしなかった。
ご縁とは、本当に不思議なものだ・・・。

e0147092_1110497.jpg


ここ数日、夫の調子がイマイチよくない。
年度下半期の五月病、といったところだろうか(苦笑)。
「がんばって」と言ってよい時と、そうでない時。
今は後者のような気がするので、なすがままでいこう。

昨夜は夫の話を聞きながら、ふと、自分達の姿を客観的に眺めていた。
赤の他人だった者同士が、同じ屋根の下にいる。
出会って12年。付き合って2年ちょっとで結婚し、結婚生活はもうすぐ丸3年。
イビキにもオナラにも慣れた(笑)。
でも、先日の鳥栖スタジアムの金婚式を見れば・・・
私たちはまだまだヒヨコみたいなものだ。
これからどれくらい、この人と寄り添っていけるのかな。

月末の十三回忌の法要には、亡くなった本人を知らぬ、この夫も席につく。
どれだけ思い出話をしてみても、夫には想像でしかわからない世界。
けれど、この故人の命日は、私たちの結婚記念日でもある。
そうさせてくれた夫に、こころからの感謝を。


こうして一日一日を平和に暮らせていることが、どんなにありがたいことなのか。
日ごろは忘れがちな気持ちだけれど、節目ふしめに、そのありがたみを感じる。

e0147092_111342.jpg


最近、自分の荷物の整理をはじめた。
死を意識しているわけではないが、していないわけでもない。
命よりも大切なものだなんて、きっと存在しない。だからこそ、物は減らせるというもの。
いつ何があっても、夫に迷惑のかからぬようにしておきたいし、
数年に一度くらいは、こういう時間を設けるのもいいもんだと思う。

引越しを意識して片付けをすれば、荷物が減るという。
でも自分の最期を意識して片付けをすれば、さらに荷物が減る。

・・・あ。マイナス思考になっているわけではないので
くれぐれも、心配はならさず(笑)。

この冬は、色んな意味で、自分にとっても節目になる気がする。




 追伸: コメント欄はしばらくお休みにします。

[PR]
by mizzypon | 2008-11-12 11:06


<< 全国マーチングコンテストに向けて ♪イボイノシシのオナラは・・・♪ >>