新聞コラムに学ぶ。

自分が高校生だった頃、小論文の添削指導をしてもらっていました。
材料は朝日新聞の「天声人語」でした。

限られた文字数の中で起承転結を考えるとか、行間を読んで意見を述べるとか。
その後の自分に文才が芽生えたかどうかなんて全く分かりませんが、
この添削指導が今でも活かされているなぁということは、ふとした時によく感じます。

○○という事柄に対して、自分なりの賛否を考える。
そして、その理由を考える。 同時に、逆説も考えてみる。
いわば、ディベートを独りでやってみているような、そんな作業です。

      なぜなら、○○だからだ。   しかし△△なら、どうだろう。
   例えば◇◇の場合は、こうなるのではないか。  だから▽▽が必要になる。
        結論・・□□であるべきだと自分は思う。       ・・・などなど。

単純に反対意見を述べるのではなくて、その先の枝葉を考えてみるわけです。
建設的に物事を考えるのは、いまだにとても苦手な私ですが・・・
多角的な視点を持つという意味では、この作業はとても役に立ちました。

e0147092_10103520.jpg


現在ご縁あって、受験生の小論文添削をしています。地元紙佐賀新聞の「有明抄」が材料です。
私は国語の教師でもなんでもないので、ある意味無責任?とも思いつつ(苦笑)

新聞コラムを読んで自分の意見をまとめること。
これが人生にどれだけ役立つかということは、自分の実体験から自信を持って勧められます。


添削作業のためには、自身がコラムをきちんと読んでおかなくてはならないので
私もキャンパスノートに新聞を貼って、思うところをメモしています。 自分の時間です。
とはいえ見方は十人十色ですから、私の意見を押し付けるような添削はしません。
コラムの内容に沿っているか、文体のつなぎに違和感がないか、
全体に支柱が通っているか、誤字脱字はないか。 その程度です。


        ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


さて。 
最近ちょっと気になっているのが、テレビ番組にずらりと並ぶコメンテーターの数です。
TVニュースは基本的にNHKしか見ません。 不必要なコメントがほとんどないからです。

キャスターやコメンテーターの方々がいろいろと述べられるようなスタイルの報道番組では
「○○なんですよね!」と言い切られた内容が、気がつけばそのまま
あたかも自分の考えであるかのように脳に残ってしまっている場合がありませんか? 
ニュースを客観的に吸収する間もなく、矢継ぎ早にコメンテーターの意見が流される。
私・・あれがとても嫌いです。 だから、NHKが好きです。 


        ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


他人の主観がはびこっている。 そんな風潮を、ふつうの生活の中でも感じます。

「◇◇なんだって。テレビでそう言ってたもん」とか
「○○なんだよねー。 そう、□□さんが言ってたから」とか
「△△って聞いたのよ、だから△△なのよ」とか。 

失言承知ながら、これが何故か私の周囲では特に女性に多い。
(・・って、自分も女性ですけど・・苦笑)

人を褒める言葉なら、それでも気持ちいいものですが・・・
人を批判するときに、こういう言葉を頻繁に使う方に出会うと
「で?それはあなた自身の見方なの?あなた自身の気持ちはどうなの?」と、
問いたくなってしまいます。 なんども、「で?」が喉まででかかってます(笑)

面倒くさいので、半分聞き流してます。そこで頷けば自分も仲間になっちゃいますから・・。
昔から、うわさ話に尾びれはつきものと言いますが・・・  世の問題に関してならともかく、
個人に関して他人から得たマイナス情報を持って、あたかも自分の言葉のように発する。 
これはできる限り避けたいものですね。そうすればするだけ、自分自身が醜くなっていきます。

・・・とかなんとか言ってる自分も、案外似たような行動を取ってるのかもしれないけど(苦笑)


        ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


新聞コラムも、もちろんそこには書いた人の意見があります。
同じ一件を取り扱っていても、新聞社によって受け止め方が大きく違う場合が多々あります。
だから、ほとんどの場合「これが絶対だ」ということはありません。

それでも、この作業。 
人の意見に流されっぱなしの生き方に嫌気がさしている人、
自分の考えをもっとクリアにしたいと願っている人には、
案外役立つ訓練かもしれません。 

というより、新聞をしっかりと読んでいたらやるべきことが沢山みつかって
周囲のうわさ話なんて、どうでもよくなってきたりします(笑)。


なぁんてね。 ちょっとデキル女ぶってみたりして。 あはは。



今日の写真 : ゴールデンウィークに和歌山を旅した際、撮った一枚です。
         とても、とても不思議な一枚です。 なにが不思議か・・わかりますか? (笑)
[PR]
by Mizzypon | 2008-07-18 10:28


<< 仲間がいるから・・・ (ナイト... ぽろんぽろん、かめかめ。 >>