What do you see?

昨夜の月です。
e0147092_18325559.jpg

   みなさんは、月に何を見ますか?

私はやっぱり、うさぎです。 右上あたりが、耳かな?


でもこれって世界共通じゃないんですよね。

「女の人の横顔だよね」というアメリカ人もいれば、
「ワニだろ?」というインド人もいる。

「編み物をしている女の人が見えるわよね」っていうインドネシア人だっているし、
「男性が月に住んでるんだ」というオーストラリア人もいる。


月と地球の、自転・公転の関係。詳しいことは忘れてしまったけれど・・・
確か、私たちに見える月の表面はいつも同じ場所だと習った記憶があります。

アメリカにいる人、オーストラリアにいる人、インドにいる人・・・。
それぞれの場所で、それぞれの人に、いつも同じような模様が見える。
ならば・・・月に見えるものが、世界各地で色々違っていても、納得ですね♪


「○○なんだ」と、当たり前のように思っていたことが・・・
一歩外に出てみると全然違ったことになる。そんな発見も、楽しいものです。


似たような話のひとつが、虹の色です。

日本にいると「虹の色は?」の返事は、決まって「七色!」
赤色・橙色・黄色・緑色・青色・藍色・紫色。
でもこの七色も、世界共通の「当たり前」ではないんですって。
世界の答えには・・・六色。 五色。 四色。  ・・・三色ってところさえ。

同じ虹を見ていても、見えているものは同じでも、受け止め方は違っているんですね。
確かに・・虹にはキッパリと線引きできるような区切り目はないですね。
だから○色っていう数え方をするのは、その国々の文化的な背景からくるもの。

例えば・・もしも「藍色」っていう概念のない国ならば、
もちろんわたし達が言う「藍色」の部分は、その国では「藍色」として数えないわけですし(笑)。



自分の常識が、すべての常識に通じるわけではない。
いつもそういう気持ちで色んな物事に触れていきたいなぁ。そう思います。


そうそう。佐賀県には月の引力が見える町があるんですよ。私のルーツの町のひとつです。
[PR]
by Mizzypon | 2008-03-18 19:39


<< 春、列車。 元気です。 >>