落語、手話、フラダンス。

ここ最近では、桂三枝さん、林家正蔵さん、桂文珍さんなどの落語を聴きに行きました。

先日の笑点には、久しぶりに三遊亭圓楽さんがご出演なさっていて嬉しかったです♪
落語に漫才、大好きです。 なんばグランド花月には何回も行きました(笑)。
・・・とはいえ落語家さんの名前をスラスラ言えるわけでもなく、落語ネタを沢山知っているわけでもなく。
ただただ、話を聴いて楽しんでいるだけのド素人です。ハイ。
噺家さんって、本当にすごいですね。身ひとつで、声ひとつで、表情ひとつで商売をなさっているわけで。
形に見えない買い物だけれど、落語を聴きに行くためならファッション費は我慢できます、わたし(笑)

NHK朝ドラ『ちりとてちん』ブームに漏れず、最近はレンタルCDで聴く落語も楽しんでいます。
近年のお笑いブームもまぁまぁ好きですが、落語はやっぱりいいもんですね。
押し付けがましい笑い(言葉悪くてごめんなさい)が多い中、落語は聴いている者にも知恵が要ります。

昨夜また、落語を聴く機会に恵まれました。
前から2列目、ほぼ中央。表情がとてもはっきりと見えました。
千扇さんの舞踊、桂福団治さんの落語、暁照夫・光夫さんの三味線漫才。
終演時間が予想以上に早くて、ちょっと物足りない感はあったものの、とても贅沢な時間でした。

e0147092_2127519.jpg


桂福団治さん。手話落語の創出者でいらっしゃるのですね。今年で30周年を迎えられたそうです。
ご自身が喉の手術で声が出なくなった折に、手話に関心を持たれたことがきっかけだとか。
司会者の方が紹介されていた時、「チャンスはピンチの裏側にある」って言葉をふと思い出しました。

で・・手話落語って、いったいどういうものなのだろう?と、さっそくネットなどで調べてみました。
古典落語を手話に直すのは、なかなか難しいのだそうです。そこで、小噺が多いと。
『ちりとてちん』でいうところの、創作落語みたいなものも含まれるのでしょうかね?

耳の不自由な方も、聞こえる方もみんなで楽しめるように通訳をつけたりされているそうなので
機会があればぜひとも、私も手話落語を堪能してみたいものです。

さて、手話といえば学生時代を思い出します。
手話サークルでちょこちょこと覚えては、使ってみて通じる喜び。語学の喜びと全く同じでした。
でも使わなければやっぱり忘れてしまうもの。自己紹介と簡単な挨拶程度しかできなくなってしまいました。

古本屋さんでこんな本を見つけました。
e0147092_2128911.jpg

日本語、中国語、韓国語、アメリカ英語、フランス語、イギリス英語、スペイン語。
この7か国語の手話辞典です。1ページ1単語、7か国の手話が一度に見られるようになっています。

この本に出会ったのは去年の春。ちょうどフラダンスを習い始めたばかりでした。
学生時代のなつかしさと、フラダンスの先生の「フラは究極の手話である」という言葉に導かれ、
この本は今、私の枕元にあります。寝る前にパラパラとめくっては、色んな発見を楽しんでいます。

楽しんでいるだなんて、手話を本当に必要としている方には失礼な表現かもしれませんが・・
7か国がほぼ同じ表現をするものもあれば、「えぇ?これが何故、こんな意味になるの?」というものも。

指折り数える「数え方」だけをみても、数が増えるにしたがって随分と違っていておもしろいのです。
手話は歴史的背景からくる表現や、文化的なもの、見たままの形からできたもの。さまざまですね。


手話に触れることは、心を豊かにすること。そんな気がします。
ひとりでパソコンに向かってばかりいては、表情豊かな人間にはなれません。

落語。手話。フラダンス。通じていなさそうで、通じていたもの。
私の中でつながってきました。嬉しいな♪
[PR]
by Mizzypon | 2008-03-12 22:45


<< 花墨展、今日から。 書く、描く、欠かさず。 >>