ハガキを書く

何となく、筆が進まなくなった。
足踏みして、どれくらいが過ぎたかな・・・。
e0147092_10505240.jpg

旅先からは絵葉書を出したりもしてるけど、「一日一枚」がしばらく止まっちゃってる。
ハガキとペンを目の前にしても、何故だか頭に何も浮かんでこなかったりして・・・。


十代からの趣味のひとつは、ポストカード集め。
何気に絵葉書ストックを整理してみたら・・・軽く500枚を超えていた(笑)。

旅先から自分宛に絵葉書を出すのも、なかなかいいものデス。
その土地の消印も、素敵な想い出になるし。

【Sebastopol Postcard】 
故郷の姉妹都市、セバストポール(米国カリフォルニア州)のスライドショー。


セバストポール市民の方の想いが伝わってくる、私も大好きなスライドショー。
あるがままの風景がふんだんに盛り込まれているのが、いいなぁと思う。


こんなことを書いていたら・・・ なんだかはがき道を再開したくなってきた。

私の「一日一枚はがき道」は、物事がなかなか長続きしない自分自身への挑戦でもある。
そして、自宅のポストにお便りが届くのはやっぱり嬉しいもの。

力みすぎず。
まずは一枚、久しぶりに実家にでも書いてみるか。
e0147092_11291334.jpg


ここ数ヶ月に頂いた何枚もの葉書を、一枚ずつゆっくりと読み返してみる。
色んな人に支えられて・・・自分は、生きているんだなって思う。

今月23日には無事にまたひとつ歳を重ねることが出来た。
お誕生日って・・・自分が祝ってもらって嬉しいことはもちろんだけど、
自分をこの世に産み出してくれた親と、ご先祖様に感謝する日だと思う。

そして誕生日を迎えるのは、自分がそれだけの年数を生きてこられたのだという証。 
何歳になろうとも、誕生日を迎えられるというのは幸せなことだと、私は心から思う。




よし。
まずは一枚、実家へ。
[PR]
by mizzypon | 2009-08-29 12:17


<< 茄子兄妹 贈り物 >>