誰でも美しくなれる7つの魔法


1.あなたのチャームポイントを書いてごらんなさい。なるべく多く。
2.あなたを褒めてくれる人はいる?
3.実用性だけの下着は捨ててしまいなさい。
4.似合う似合わないを決めるのはあなたじゃない。
5.ハイヒールを怖がらないで。
6.裸になって、鏡に姿を映して。
7.今日、一生に一度会えるかどうかの男性が待っているかも。


e0147092_8212024.jpg

この7つの教えは、ある女性トレーナーの言葉だ。
偶然TVで見たものを携帯にメモしただけなので、お名前は忘れた。
言葉だけ読めば、なんだか外見に重きが置かれてるように見えるけど...
この行間には、色んな意味が含まれている。

彼女は日本からミスユニバースを生み出すために抜擢された人。
下手すると・・・パワハラ?とも取られてしまいそうなぐらいの、厳しい言葉が繰り返されていた。

「そんなんじゃここに居る意味なし!出て行け!」「最低だね。」なんて言葉を、
レッスン生の一人ひとりにとことん投げかける彼女。
TV画面上で観てるだけでも、あの気迫はちょっと怖かった。

だけどその裏には物凄い愛情が溢れていて、カリスマと言われる所以が垣間見えた。
人が本来持っている内面の美をとことん引き出そうとする信念があって。

現代社会は「褒めて子供を育てよう」って動きが強いけれど・・・
褒められてばかりでは、心は強くなれない。 
褒めるにはちゃんと向き合う姿勢が必要だし、そうすると、本気で叱る場面も出てくるはずだもの。

そしてやっぱり、苦しみを乗り越えてこその強さもあるから。
そういう意味で・・この女性の教育理念は、今の日本が失いかけている部分かもしれないな・・と思った。


ここ数年、日本の女性の「美」が世界に認められてきているのは...
こういう人たちがその美を見抜いて世界に発信しようと励んでくれてるからなんだなぁ。

人それぞれの見栄え以上に、自分の長所を知ることの大切さや、
そこから生まれ出る「自信」が、いかに人間を強く美しくするかってことや。
心(真、芯、信)の大切さをとことん追求している姿が、とても格好よかった。


私はハイヒールなんてめったに履かないし、メイクアップにもあまり力を入れてない。
このTVを見ながら・・「もう少しさぁ。・・・おまえも、なぁ?」って夫がケチつけるのも仕方ないかな(笑)。
「まぁ、あたしゃミスユニバースに応募するわけやないしぃねー」なんて、開き直っても、みたり(笑)。


だけど、内面を磨くことの大切さって・・・
考えてみたら、外見のお洒落にも、案外関係あるんよねぇ。
きちんとお化粧をした日は、ちょっぴり顔を上向けて歩きたくなったり、とかね(笑)。
・・・って、こういう気持ちが私の中にもたまーに沸いてくるのだけど・・・3日と続いた試しがなーい(汗)。

e0147092_8203439.jpg


フラダンスを一緒に習っている方の中に、なんと89歳のおばあちゃんがいらっしゃる。
いつもポジティブで、笑顔が素敵で・・・そして、褒め上手(笑)。 
このおばあちゃんに褒められると、差し引きゼロで踊って喜びたくなる(笑)。

「独居だからね、いつも気持ちを凛としておきたいの。自分の力が続く限りは、自分で色々やりたいから。」

いつだったか、ちょっと体を壊されて・・しばらくお姿を見せられなかった時は、本当に寂しかった。
でも最近ではまたあの笑顔が拝見できて、毎週1回のひとときがとても楽しみだ。



このおばあちゃんが、いつも若々しい所以。 
その極めつけの台詞をご紹介しまーす。

「電車に乗ったら、座席を探すでしょう? 

 何を基準に、席を探すと思う?


   ・・・・・ うふふ。 その車両の中で、一番イイ男が座っている隣に行くのよ♪」



あはーっ! おばあちゃんったら、もう最高でーす!!

自分の周りには、こんなにも素敵な女性がいっぱい。
あこがれる人が沢山いるって、幸せなことだなぁ。
[PR]
by Mizzypon | 2009-07-20 07:50


<< ネチケット 雑談日記 >>