「NANI OHALA(ナニ オハラ)」のこと

久しぶりに、フラダンスのことを書いてみます。

e0147092_11231532.jpg現在練習している曲は
『NANI OHALA(ナニ オハラ)』。
とてもゆったりした、すてきな曲です。

kumu hula(クムフラ:フラの先生)にこの曲について尋ねてみると
「新しい曲で、歌っているのは
Napua Greig(ナプア・グレイグ)よ。」
と教えてくださいました。

となりからhaumana(ハウマナ:フラの生徒)仲間がこう話しかけてこられました。
「ねぇねぇ。この曲の最後にかわいい子供の声が聞こえるじゃない?何て言ってんのかなぁ?」

・・・や、やばい。 
この曲をもらって1週間以上たつのに、最後までちゃんと聴いてませんでした(汗)。


最近、車の中で流しているのは中国語会話のCDばかり。フラ音楽は最近サボリ気味(笑)。
ちょうどいい機会なので、昨日は仕事場への移動中にこの曲をちゃんと聴きました。

曲そのものはハワイ語で歌われているのだけど、
最後のほうに、英語で母娘っぽい会話が入っていました。

    「ママはあなたたちのこと、どれくらい愛してるのかな?」
    「世界ぜーんぶより、もっと!」
    「宇宙ぜ~んぶより、もっとだよね!」


もしかしたら、Napuaの実の子供さんの声?なぁんて思いつつ・・
今朝になってちょっと検索してみたら、どうやらその通りのようです。
Napuaがこの曲を作った時の想いを話している動画があったので、ちょっと聞いてみました。

千葉県に大原という美しい場所があります。
 8年ほど前だったでしょうか、そこを訪れました。私の初めての日本訪問でした。
 2人の幼い娘を自宅に残しての訪問でしたので、
 日本滞在中も子供達のことをとても恋しく思っていました。
 この曲は、大原への想い、娘たちへの想いをこめてつくったものです。
 そして5年前には日本を再訪したので、一生懸命練習しました。
 今日はみなさんに、この曲を贈ります。
』 


(2:15あたりから、実際にこの曲を歌っている姿が見られます)

へぇ~!OHALAって日本の大原につながっているのかぁ! 親近感UP!
ちなみにnaniとは「美しい」という意味です。
ハワイ語は文字をそのままローマ字読みすればよいので、
日本人にとっては英語よりも馴染みやすい言葉カモ。

ちなみに・・私が好きな一番好きなハワイ語はohana(オハナ)かな(^-^)♪ 

ohana(オハナ:家族)。 
リロ&スティッチの中でも、ohana(=family)は大切な言葉として何度も出てきました。

“OHANA means FAMILY.
FAMILY means NOBODY GETS LEFT BEHIND OR FORGOTTEN."
「オハナとは、家族のこと。 
 家族とは、誰も置き去りにされたり忘れられたりしないということ。」


そして、家族といえば。
北村尚志さんの曲のいくつかに、お嬢さんの声が入っています。
e0147092_11153776.jpg初期アルバムには鳴き声で効果音参加されていた赤ちゃん。4thアルバム『うちへ帰ろう。』に収められている「地球はともだち」では、もう立派にコーラス参加!
すてきなお嬢さんたちです♪

写真や動画で思い出を残すことは多けれど・・・、「声」を形にして親子のfootprint(足跡)を残せるなんて。
しかも「地球はともだち」は地球を想う、大きなふるさとソング。
なんて素敵なことでしょう(^-^)♪♪


すてきなパパ、北村さん。遅ればせながら・・・
お誕生日おめでとうございます☆



(おまけ その1)
discovery-hawaii.net NapuaGreig チャプター第1話(翻訳付)
(Napuaさんが自分のことを話す姿&ウクレレでNANI OHALAを歌う姿がUPされてます)

(おまけ その2)
武雄よかとこブログ、久しぶりにアップしました(^-^)。
[PR]
by mizzypon | 2009-06-17 12:04


<< 「グゥグゥと、ディディ」のこと 「なおえつ茶屋」のこと  >>