『大地』でつなぐ私のアーカイブ 【中国編】

さて。 さきほどのオーストラリアに負けずして、中国を想うことも増えた。 
・・・まだまだ勉強しはじめたばかりで「語る」にはほど遠いけれど。
学生時代あれほど「歴史」が苦手だった私(笑)が、ようやく自ら「学びたい」と思っている。

「知る楽しみ、学ぶ喜び」とは、何歳になっても得られるものなんだと思うし、
私たち人間に与えられた特権だと思う。それができる環境に暮らしていることにも、深く感謝。

中国。昨今の目覚しい発展と、それにともなう世界各地からの批判・非難。 
そういった現代の視点とは全く別の次元で、私は中国という大陸に魅せられている。
中国大陸がなしてきた歴史と、生み出してきた産物を学びたくなった。

最近関心を持っている「クスノキ」が、実は中国からの史前帰化植物なんじゃないかって事も、
これまた私のワクワク心に火をつけているわけで。(笑)

e0147092_13191279.jpg

オーストラリア同様に、中国を想う時にも必ず『大地』って言葉が浮かぶ。

◆十代後半に読んだ、パールバックの『大地。 
中国が気になるきっかけをくれたのは、今おもえばこれなのかも。

◆二十代前半に、ものすごい衝撃をうけたNHK土曜ドラマ『大地の子』

◆中国人の研修生を招いての月例ホームパーティーは、気がつけば6年目に入った
新しい仲間が増えるたび、中国大陸の地図を囲み、その大地に想いを馳せる。

「中国人」と一言でいっても、その印象は千差万別だろう。 
「中国」と聴くだけで眉間にシワを寄せる知人もいる。 けれど
少なくとも私がこれまで関わってきた「中国人」はとても礼儀正しく、思いやりにあふれている。
彼らと一緒にいると、とても落ち着く。 
そして大地に寝転んだみたいな懐かしい気持ちでいっぱいになる。

◆先日まで放送されていたNHK土曜ドラマ『遥かなる絆』は、観ていて涙が何度もなんども流れた。

そして私。 なぜかよく、中国人と間違われる。
まぁ同じアジア圏の人間だからね。 欧米の人から見れば似たようなもの。
でもアジア圏の人からも「中国人?」って言われるんだから、やっぱり中国大陸の血が流れてるんでしょう(笑)。

ここまで書いてみると、私の前世にはやっぱり、
オーストラリア大陸と中国大陸が絡んでいるらしい(笑)。
そして現世で、私と大地をつないでくれるもの。 いろいろ。
e0147092_13155256.jpg

大地』。 中国語なら、漢字は同じ『大地』。 dadi、と発音する。  
なる大地」って言葉が大好きだけど・・
・中国語だと、英語のダディ(パパ)にも聞こえるわね(笑)。   

                  
[PR]
by mizzypon | 2009-05-27 12:30


<< GIVE ! GIVE ! G... 『大地』でつなぐ私のアーカイブ... >>